昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「売上高は過去最高に」くら寿司が名物ガチャ"ビッくらポン!"に異常な情熱を傾ける本当の理由

source : 提携メディア

genre : ビジネス, グルメ, 企業, 商品

回転すしチェーン「くら寿司」では、5皿ごとに1回、景品の当たるガチャを遊ぶことができる。この「ビッくらポン!」の景品にはかなり力を入れているという。その理由には「業界のイノベーター」としての歴史があった――。

スマホを使えばサイドメニューも対象に

回転すし業界売上2位のくら寿司の業績が好調だ。2021年10月期の国内売上高は1315億円で過去最高を更新した。好調の背景には感染症対策へのいち早い対応など、さまざまな要因があるが、そのひとつに「ビッくらポン!」がある。

くら寿司のテーブルには、食べ終えた皿を入れる投入口がある。「ビッくらポン!」は5皿につき1回遊べるゲームで、当たりが出ると景品がもらえる。これが集客に貢献している。最近では、人気アニメ『鬼滅の刃』とのコラボ企画が話題を集めた。

ゲームを遊ぶには皿を投入する必要があるので、これまではサイドメニューやデザート、ドリンクは対象外だった。それが21年12月に全店導入が完了したスマホアプリ「スマホdeくら」を使えば、皿の枚数だけではなく、お皿以外の商品でも550円(税込)ごとに1回抽選を受けられるようになった。

くら寿司広報部の小山祐一郎さんは「回転寿司チェーンでサイドメニューの拡充を進めたのがくら寿司。サイドメニュー拡充に伴うお客様のニーズの高まりに対応できるように努めた」と話す。

今年2月、筆者は家族を連れて店舗を訪ねて、「スマホdeくら」を試してみた。筆者がスマホから注文したサイドメニューは「完熟マンゴー」(税込330円)と「なめらか豆乳アイス」(税込200円)と「胡麻香る担々麺」(税込450円)の3品。テーブルに商品が届くとスマホ画面の右下のゲージに980円が加算され、ビッくらポン! 1回分になった。この日、家族3人で食べた皿の枚数は合計25枚。投入口からは5回分だが、スマホアプリの1回分が加わり、あわせて6回抽選した。

筆者撮影 店内の様子。「抗菌寿司カバー鮮度くん」つきの皿が流れる。大手回転寿司チェーンで寿司カバーがあるのはくら寿司だけ。 - 筆者撮影

広報部の小山さんは「当選確率を公開すると楽しみが減ってしまうので、非公開にしています。「一定金額以上の会計でプレゼント」という手法もありますが、当たりはずれがあるのも楽しんで頂ける理由の一つと思います」と話す。