昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

オープニングに隠されていた「遊び心」

「実はオープニングのタイトルバックで、月曜日だけ他の曜日と違う動きをするキャラクターがいるんです。ペーパークラフトで出来た女の人がオフィスでパソコンを打っている場面なのですが、月曜日だけコクンコクンと居眠りをしているような様子で。『月曜日はちょっと億劫だよね』という気持ちを共有しようという、コマ撮り作家・竹内泰人さんの遊び心です」

 気付いている読者がいたら、相当なカムカム通だ。

「あと、『電車のシーンはどうやって撮っているんですか?』と聞かれることが多いですね。車両を横半分に切ったような構造のセットを使っているんです。それだけだと動いている感じが出ないので、4、5人のスタッフが外から車体をゆっさゆっさと揺らしている。発車する場面では、最初は少しずつ揺らしていくなど、揺らし方の強弱を工夫しています。車窓に影が横切る場面もありますが、あれは外で照明さんが長い棒を持って走っているから。結構“アナログ”に作っているんですよ」

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z