昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

佐藤優が察知した“死神”プーチン大統領の仮面と天皇陛下への独特の思い「会談が終わると通訳の私を呼び止めて…」

#1

2022/03/23

source : 文藝春秋 2005年12月号

genre : ニュース, 社会, 国際, 政治

 会談が終わるとプーチンは通訳の私を呼び止めた――。作家の佐藤優氏による「死神プーチンの仮面を剥げ」(「文藝春秋」2005年12月号)を特別に再録します。(全2回の1回目/後編に続く)

プーチン大統領 ©JMPA

◆ ◆ ◆

プーチンを見て「死神がやってきた」

 モスクワの「赤の広場」から南に車で3、4分のところに灰色の柵で囲われたレンガ色14階建の大きなビルがある。出入口には民警が自動小銃を持って立っている。

 ソ連時代、この建物には何の表示もなされていなかった。この建物はブレジネフ時代にノメンクラトゥーラ(特権階層)のために建てられたソ連共産党中央委員会専用の「オクチャブリ(10月)第2ホテル」だ。フィンランドの建設会社が建てたこのホテルは天井が高く、ホールが大理石貼りの準迎賓館だ。ソ連崩壊後は大統領総務局が管理する「プレジデントホテル」と改称された。

 ソ連崩壊後、私は「プレジデントホテル」とコネをつけ、出入りを特別に認めてもらった。東京に戻ってからも出張のときはいつもこのホテルに泊まった。

佐藤優氏

 1998年12月初め、私が夜の7時過ぎにロシアの国会議員とホテルのロビーで話していると、青色の緊急灯を照らしたBMWが近づいてきた。ロシア人にしては小柄な175センチくらい、灰色の背広の上に灰色の外套を着た人物が降りてきた。目の下に茶色い隈ができている。一瞬、背筋に寒気が走った。ボディーガードが2名付き添っている。見たことのない人物だ。

「死神がやってきた」

 その国会議員が呟いた。

「暗い顔つきだね。陰険な感じだな。いったい誰かい。大統領府の奴か」

「この前まで大統領府にいた。タチアーナ・ジャチェンコ(エリツィン前大統領次女)に気に入られている。ウラジーミル・ウラジーミロビッチ・プーチンだよ。今はFSB(連邦保安庁=国内秘密警察)長官だ」

 ロシア政治エリートや金融資本家の動向を監視するFSBが大統領の寝首をかくことがないように、エリツィン大統領と家族がプーチン氏をFSB長官に据えたのだ。ロシアでは大統領の信任を得ている者を徹底的に調査すれば、政権中枢の強さと弱さが明らかになる。

 対外諜報機関員には2つのタイプがある。第1のタイプは社交的で、派手で、誰もこんなに目立つ奴がスパイ活動など行うはずがないと思う。その裏をかくプロたちで、人懐こい表情に陰険な打算が隠されている。第2のタイプは、存在感があまりない、一見気が弱そうな人たちだが、実際は意志力が強く、陰険だ。もっともインテリジェンス(諜報)の世界でお人好しは生き残っていくことができないので、職業的に陰険さが身に付くのであるが、プーチン氏のように陰険さが後光を発している例は珍しい。