昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本のビッグマックはタイより安い…日本が急激に貧しくなったのは「アベノミクス」の責任

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 経済, 商品

なぜ日本の経済は低迷を続けているのか。野口悠紀雄・一橋大学名誉教授は「異常な円安を誘導したアベノミクスが原因だ。日本円の購買力は低下し、円安で利益を増やした企業は、技術革新を怠り国際競争力を失ってしまった」という――。

※本稿は、野口悠紀雄『日本が先進国から脱落する日』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/EllenMoran ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/EllenMoran

アメリカ人にとって「日本のビッグマック」はかなり安い

英誌『The Economist』が、各国のマクドナルドで販売されているビッグマックの価格を調査し、公表している。2021年6月のデータを見ると、つぎのとおりだ。

日本のビッグマックは390円。これを、1ドル=110円という6月時点の為替レートで換算すると、3.55ドルになる。

他方で、アメリカのビッグマックは5.65ドルだ。日本円にして621.5円。したがって、日本のビッグマックはアメリカの価格の62.8%ということになる。

だから、アメリカ人が日本に来てビッグマックを買えば、「日本は物価が安い国だ」と感じる。逆に、日本人がアメリカに行けば、「物価が高い国だ」と感じる。

つまり、海外旅行をした時に、アメリカ人は豊かな旅行ができ、日本人は貧乏旅行しかできない。

またユーロ圏のビッグマックは、ドルに換算して5.02ドル、イギリスのビッグマックは4.5ドル。韓国のビッグマックは4.0ドルだ。これらは日本の3.55ドルより高い。

ビッグマック価格が日本より低い国は少ない。

「安い日本」と言われるが、まさにそのとおりだ。

各国の物価を測る「ビックマック指数」

以上のことが、「ビッグマック指数」という指標で表されている。

これは、つぎの算式で計算されたものだ。

〔(ドル表示のその国のビッグマック価格)÷(アメリカのビッグマック価格)-1〕×100

前述の日本の場合は、〔3.55÷5.65-1〕×100=-37.2となる。

なお、アメリカのビッグマック指数は、定義によって常にゼロだ。

z