昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

マッチングアプリ詐欺の被害女性たちが結託、自称・大富豪に対する“反撃”とは? 「Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む」を採点!

シネマチャート

〈解説〉

Netflixドキュメンタリーシリーズ。マッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」を利用した詐欺事件に迫る犯罪ノンフィクション。ロンドン在住の20代の女性セシリーは、サイモン・レビエフと名乗るハンサムな大富豪とティンダーで出会い、ロマンティックな関係になる。しかしその男は、世界中の女性たちから大金を巻き上げる詐欺師だった。20万ポンドを失ったセシリーは他の被害者たちと結託し、レビエフに対してある方法で反撃に出る。Netflixドキュメンタリー『猫イジメに断固NO!:虐待動画の犯人を追え』のプロデューサー、フェリシティ・モリスの長編初監督作。顔出しでインタビューに応じる被害者たちの証言と、レビエフとのやりとりの記録、新聞記者による調査を組み合わせ、詐欺師の正体とその手口に迫る。114分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆イジワルな見方になるが自業自得という言葉しか浮かばず。最後まで見終えるのに努力を要した。こういう世界もあるのね。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆細かい編集術で見せるが、再現ドラマ部分の作為的な操作が疑問。ポンジ・スキームを連想させる手口には唖然とした。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆罪悪感とは無縁の詐欺師に釣られる女がバカという視点で見ていられない。彼には刑務所すら高度な詐欺を学ぶ場かも。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆ネットを介し古典的ラブファンタジーを捏造する高性能なクズ男に反撃。『プロミシング・ヤング・ウーマン』にも通じる?

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆世界詐欺のドキュメントとしての思慮深さ。“悪いのは詐欺師でTinderではない”という彼女達の屈託なさにも救いが。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
Netflixシリーズ『Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む』独占配信中

『Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む』(英)
https://www.netflix.com/jp/title/81254340

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z