昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

お金が貯まる人はコンビニでビニール傘を買わない 代わりに毎回買う"意外なもの"とは…?

source : 提携メディア

genre : ライフ, 経済, ライフスタイル

お金が貯まる人・貯まらない人は何が違うのか。ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは「自宅にビニール傘を何本も置いてある人はプチ浪費家の傾向があります。雨が降るたびにコンビニで購入してしまうのですが、一方であえて毎日コンビニで購入することで出費を抑えてお金を貯める方法もある」という――。

※本稿は、黒田尚子『お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか「自然に貯まる人」がやっている50の行動』(日本経済新聞出版)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/TAGSTOCK1 ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/TAGSTOCK1

保冷剤がたまる家にお金は貯まらない

お金を貯めたいご家庭にとって大敵ともいえるのが、日々のちょっとした消費行動の積み重ね。ブランド品や高額な買い物をしているわけではないから、「これくらい使っても、大丈夫じゃない?」とついつい浪費を続けてしまいがちです。

しかし、1回が少額であっても、それが頻繁になるとかなりの金額になります。恐ろしいのは、そんな「プチ浪費」の習慣がほかの消費行動にも影響を与えてしまうこと。そんな「チリツモ消費」が家計に与える影響と対策について考えてみましょう。会社員の安藤和夫さん(仮名・40代)のご家庭もチリツモ消費が止まらない典型例です。

「専業主婦の妻は私が会社から帰る頃を見計らって、『今日は一生懸命、家事して疲れたからご褒美のスイーツ買ってきて』としょっちゅう連絡してきます。ショートケーキ、シュークリーム、モンブラン……。コンビニスイーツじゃ満足できないそうです。私は甘いものは苦手なので、妻と子どもの分だけ、乗り換えのターミナル駅のデパ地下で買います。惣菜を買うこともあり、そのたびに増えるのが、『保冷剤』です。ご褒美スイーツという名の浪費のたびにもらう保冷剤で冷凍庫は季節に関係なくパンパンです」

冷凍庫に、デパ地下やスイーツ店でもらった保冷剤がたまっているとしたら……もしかすると知らずに「プチ浪費」を重ねている証拠かもしれません。