昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

経済安保責任者処分 闇営業の実態と“お泊り”朝日新聞記者とのその後

「俺はどうせ辞めることになる。退職金も減るし、天下り先も無い……」

 と、周囲に漏らしていたのは藤井敏彦前内閣審議官(57)。3月9日、クビにこそならなかったが、停職12カ月と重い処分が下され、自ら辞表を提出した。

“余罪”も明るみに出た藤井氏

◆ ◆ ◆

稼いだ報酬は、合計約2610万円

「週刊文春」が報じた“闇営業”と朝日新聞女性記者との“お泊り”で、2月8日に経済安保法制準備室室長を更迭された藤井氏。約1カ月後、調査報告書が公表されたが、内閣官房幹部は、「詳細で驚いた」と語る。

「NSS(国家安全保障局)幹部は『とことん調査する』と週末返上で対応していた。外務省や防衛省など複数の官庁からの出向者が多く、馴れ合うことなく、綿密な調査ができたのだろう」

 では内容を見てみよう。週刊文春は藤井氏が、経済学者の中谷巌氏が主宰するビジネススクール・不識塾で2013年から講師役の「師範」として働き、収入を得ていたと報じた。報告書によると、確かに収入を得ており、報酬は9年間で約1600万円だったという。

中谷氏の不識塾では大局観が身に付くという

 さらに61件の講演や執筆を無申告で行い、総額980万円の報酬を得ている。講演・執筆料は平均16万円。また、ある語学学校が経産省所管の補助金の申請をする際に“口利き”をし、30万円を受け取った。稼いだ報酬は合計約2610万円にものぼる。

 気になるのが、藤井氏が得た収入を、しっかりと確定申告をしているかどうかだが、NSSに聞くと、

「不識塾からの収入について確認できた限りでは、毎年、確定申告していました」

 記者との関係はどうか。藤井氏は2月、朝日記者Aさんの家に泊まった。Aさんは過去に経済安保の記事を執筆しており、情報漏洩の可能性もあったが――。