昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

緒方が松永に対して抱いていた「断ち難い未練とでも呼ぶべき特別な感情」

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #97

2022/03/29

genre : ニュース, 社会

 このように主張したうえで、〈緒方は、松永といわば運命共同体としての絆を一層強め合いながら、松永の意図を的確に読み取り、主体的に、各犯行に及んだのである〉とする。

 また、緒方が松永に対して抱いていた〈断ち難い未練とでも呼ぶべき特別な感情〉についても指摘。彼女にとって2度目の逃走だった「門司駅事件」後にも、逃走や通報の機会があったにも関わらず、そうしなかったことなどに触れ、〈緒方は、自らの意思で松永と共に生きる道を選択し、その継続のために障害となる肉親らの生命を次々と奪ったのである〉とまとめている。

一連の殺人等事件においては、あくまでも加害者

 B裁判官はさらに付け加える。

〈緒方が松永から繰り返し強度の暴行等を受けていたことは事実であるが、その一面のみを強調・重視する余り、他に類例を見ないほどの凄惨な犯行に及んだ者の刑事責任さえ軽減されるべきであるとする考え方には、大きな違和感を覚える。緒方はDV被害者であるとして、これを過度に強調することは、事案の実態を外れることになろう。緒方は、松永との関係ではDV被害者ということもできようが、孝一家事件を含む一連の殺人等事件においては、あくまでも加害者なのである〉

 その他、緒方が自白したことによって事案解明に大きく寄与したこと、真摯な反省悔悟の情を示していること、前科がないことなどへの検討結果を列挙したうえで、B裁判官は以下の結論を下している。

©iStock.com

司法における判断が確定

〈以上の次第で、多数意見が緒方に有利な事情とする点には賛同し難い点が多く、仮に百歩譲って多数意見が挙示する諸事情をすべてそのまま受け容れて、最大限緒方に有利に斟酌するとしても、他に類例をみないほどの本件犯行の凶悪重大性に鑑みれば、なお被告人には極刑をもって臨むほかないと思料する。加えて、6人を殺害、1人を死に至らしめるという多数人殺害等事件の犯人の刑を無期懲役にとどめることは、それ自体罪刑の均衡を失するだけでなく、これまでの各死刑事件との均衡をも欠き、法の適用の平等の観点からも容認し難い。

 以上のとおり、原判決の緒方に対する刑の量定は甚だしく不当であり、これを破棄しなければ著しく正義に反するので、原判決中緒方に関する部分を破棄し、事案に鑑み、緒方について死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情があるかどうかにつき更に慎重な審理を尽くさせるため、本件を原裁判所に差し戻すべきであると考える〉

 ごく少数ながら、このような厳しい意見もあったことを知るために、反対意見についてのみ、できる限り詳細を記すこととした。

 とまれ、これにより松永と緒方への、司法における判断が確定したのである。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z