昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

彼らに共通するのは「役職をもぎ取られた感」で、そんな感情を抱く自分にも嫌気がさしている。

そう、彼らはみな能力主義社会の勝者、「メリトクラシーの勝者」として、高い学歴、高い収入、高い社会的地位などを獲得してきたはずなのに、それらに付随する権力におぼれ、依存し、今や「困ったおじさん」に成り下がっていた。

「やりたいことだけやる」幻想の末路

「私」たちは、自分らしく生きたいと願う。とくに人生の後半戦に突入すると、世間に惑わされない生き方をしている人に魅了され、「私」も自分らしく生きたい、そのためには「やりたいことだけやる」「やりたくないことはやらない」と決める人たちも出てくる。

しかし、やりたいことだけやって生きていけるのは、一部の、ごくごく一部の恵まれた人だけだ。いくつになろうとも、やりたいとか、やりたくないとかは関係なく、「やらなくてはならない」作業で、日常は回っている。

むろん、「やりたいことだけやる」生き方を否定する気はない。しかし、人生とはとかく思い通りにならないものだ。想定外の出来事は起こるし、人生の後半戦ほど、自分のやりたいことだけやって過ごすのは難しくなる。年老いた親の介護に忙殺されたり、パートナーが病に倒れたりすることもあるかもしれない。決して言い訳できない、逃れられない状況で、やりたいことだけやるのは無理だ。

人生には、あまねく困難やストレスが存在する。だからこそ、他者とゆるくつながり、「人生の危機でこそ強化されるポジティブな思考」である心理的ウェルビーイングの実現が大切だと、私は思う。

人生の迷い子を脱する時は「いま」

私たちは助け合って生きていることを忘れてはいけないし、優しさや、いたわり、愛情といった温かな感情を訓練して身につけてこそ、本来の自己に近づいていく。そして、限りなく自己に近づいた「私」を、人は「自分らしさ」と呼んでいるのだ。

渦中にいる時はわからなかった感情を理解できるようになるのが、50歳ではないか。愛をケチることなく、延ばし延ばしにしていたことに、ようやく決着をつける。人生の迷い子を脱し、人生を生き直すのだ。

z