昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

"50代サラリーマン無理ゲー社会"で「困ったおじさん」になる人とならない人の決定的違い

source : 提携メディア

役職定年の年上部下を「困ったおじさん」にしないため、どうすればいいのか。健康社会学者の河合薫さんは「これまで生きてきた企業社会を絶対視してはいけない。『戦力外扱いになった』と腐るのではなく、一個人としての生き方や周囲との関係性を見直すチャンスにしてほしい」という──。(第5回/全5回)

※本稿は、河合薫『THE HOPE 50歳はどこへ消えた?』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

元上司の年上部下

いろいろとやってはいるんですが……難しいですね。ホント、どうしたらモチベーションを上げてくれるのか。自分では言葉を選んでコミュニケーションをとっているつもりなんですけど、あからさまに嫌な顔をされるとこたえます。年上部下って、ストレス以外の何物でもないです。

こう嘆くのは、薬品会社に勤める課長職の平田悟さん(仮名、44歳)だ。

平田さんの会社では、数年前から若手を課長に抜擢する一方で、「役職定年」の年齢を55歳から50歳に一気に引き下げた。

50歳を会社員の1つの節目とし、「役職定年にして今までと同じ仕事をする」か、「希望退職する」か、「地方などに転勤する」か、以上3つの選択肢から選ばなければならなくなった。平田さんによれば、多くの50歳が「役職定年」を選択するため、元上司が“年上部下”になり、若手が扱いに苦労しているという。

「困ったおじさん」が生まれるワケ

このようなケースは、平田さんの会社に限ったことではない。

私は、40代のリーダーたち向けの講演会やセミナーの講師を勤めることがあるが、以前にもまして、同様の悩みを訴える管理職が増えた。学ぼうとしない、理解しようとしない、自分のことしか考えない、会話しようとしない……などなど、“年上部下”の「ないない攻撃」に辟易しているのだという。

写真=iStock.com/Devenorr ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Devenorr

その一方で、私は多くの“年上部下”たちへのインタビューも行っている。そのため、「ないない攻撃」に出る気持ちがわからないわけではない。なにしろ、会社はさんざん競争を煽っておきながら、突然年齢で区切って、一斉にそれまで獲得してきた役職、裁量権、収入を奪うのだ。しかも、いったん戦力外扱いになると、どんなに頑張っても給料はびた一文上がらない。

z