昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「つくり手の“こだわり”が伝わる逸品」と檀れいが感動した鯖江のメガネブランドとは

「ラインアート シャルマン」の至高のかけ心地

PR提供: シャルマン

大輪の花を思わせる華やかさと、迷わず前へ歩みを進める強さを秘めた女優・檀れい。エレガントに、そしてしなやかに。「ラインアート シャルマン」はそんな女性にこそふさわしい。

「ほんとに軽いんですね。メガネをかけていることを忘れそう」

 鏡の前に立った檀れいさんは、驚いた様子だ。「顔をやさしくつつみ込むようなフィット感で、メガネをかけるストレスがないですね」。

 今回、檀さんに試してもらったのは、「ラインアート シャルマン」から発売されたばかりの「エチュードコレクション」。シャルマンが独自に開発した軽さとしなやかさを併せ持つ「エクセレンスチタン」を素材に、最先端技術と繊細な手わざを融合させて、究極のかけ心地を実現した。

多角形シェイプをかけやすくソフトな印象にアレンジし、手仕事の色付けが美しいXL1690。
レッド・ピンクグレー・ブルー・グリーンの多彩なカラーバリエーションも魅力(写真はレッド)。52,800円(税込)
多角形シェイプをかけやすくソフトな印象にアレンジし、手仕事の色付けが美しいXL1690
レッド・ピンクグレー・ブルー・グリーンの多彩なカラーバリエーションも魅力(写真はレッド)。52,800円(税込)

「メガネを選ぶとき、正面から見たフレームのかたちに目が行ってしまいがちですが、横顔をどれだけオシャレにみせるか、それも大事ですよね。エチュードのテンプル(つるの部分)のデザインは、エレガントで、とっても素敵!」

 5本の丸線状の「エクセレンスチタン」を高度なレーザー技術で接合し、熟練の手仕事で着色。繊細な波形の造形が、かける人の横顔を美しく彩る。

適度なボリュームをもたせたリムが顔を引き締めて見せる効果も期待できるXL1693。
カラーも「ラインアート シャルマン」の従来のモデルよりも明るめの4色を揃えた(写真はライトグレー)。52,800円(税込)
適度なボリュームをもたせたリムが顔を引き締めて見せる効果も期待できるXL1693
カラーも「ラインアート シャルマン」の従来のモデルよりも明るめの4色を揃えた(写真はライトグレー)。52,800円(税込)

 以前、テレビの仕事で、日本の伝統工芸の匠たちを訪ねた檀さんは、その「手わざの美」に感動したという。

「みなさん、職人さんならではの“こだわり”をお持ちなんです。その品物を手にとった人が、どれだけ心地よくなれるか、それをとことん突き詰めていく。『ラインアート シャルマン』の開発ストーリーをうかがうと、そのこだわりに通じるものを感じます。他にはない最高のかけ心地を実現したいというシャルマンさんの“思い”が、かけたときに伝わってくるんでしょうね」

 そばに置いて、ずっと大切にしたい逸品。檀さんは「ラインアート シャルマン」をそう表現した。

鯖江のメガネメーカー「シャルマン」
ラインアート シャルマン 誕生の物語

めがねのまち・福井県鯖江市。シャルマンはその地で、今から60余年前に創業された。究極のかけ心地とエレガンスを追求してきたシャルマンから、2009年に発表されたのが「ラインアート シャルマン」だ。素材は、メガネに最適なバネ性と形状記憶性を実現するために、8年の歳月をかけて東北大学と産学共同開発したシャルマン独自の「エクセレンスチタン」(日中米特許取得)。チタンが持つ特性にしなやかさをプラスしたまったく新しい金属だ。さらに、大阪大学、ふくい産業支援センターとの5年にわたる産官学共同開発により、最先端接合技術「レーザ微細接合」が完成。この素材と技術から究極のかけ心地が実現したのだ。

檀れい 女優
だん れい/1992年、宝塚歌劇団入団。99年から月組トップ娘役、2003年からは星組トップ娘役を務め、05年退団。06年の『武士の一分』のヒロインでスクリーンデビューし数々の賞に輝く。以後、映画やドラマ、CMで活躍。6月3日公開の水谷豊監督映画第3弾『太陽とボレロ』では映画初主演を果す。
衣装協力:カシケイ(カシケイ ブラウンダイヤモンド)0120-278-857、カシケイ(TOMOKO KODERA)0120-106-503

●お問い合わせ先:シャルマン カスタマーサービス
0120-480-828(平日10:00~17:00)
https://www.lineart-charmant.com/


Photographs: Yoshihito Sasaguchi
Hair&Make: Keizo Kuroda
Styling: Hitoko Goto