昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「便は出すものではなく、落とすもの」肛門科専門医がトイレで3分以上頑張ってはいけないと力説するワケ

source : 提携メディア

genre : ライフ, ヘルス, ライフスタイル

平田雅彦(著)、ヒヅメ(著、マンガ)『マンガでわかる 痔の治し方』(ShoPro Books)

毎日すっきりと排便するためのコツはあるのか。平田肛門科医院院長の平田雅彦さんは「理想のうんこを出すには自律神経を整えることが大切だ。トイレに入って3分で出なかったら、諦めてトイレを出た方がいい」という――。

※本稿は、平田雅彦(著)、ヒヅメ(著、マンガ)『マンガでわかる 痔の治し方』(ShoPro Books)の一部を再編集したものです。

自律神経は簡単に乱れてしまう

朝食は簡単でもいい、「続けられること」を続ける

「うんこは出すものじゃなくて落とすもの」

理想のうんこを出すモーニングルーティーン

平田 雅彦(ひらた・まさひこ)
平田肛門科医院院長
日本大腸肛門病学会肛門領域指導医。「手術をしないで治す」を信条とする、日本を代表する肛門科専門医。著書に『痔の9割は自分で治せる カリスマ専門医が教える33の極意』(マキノ出版)、『自分で痔を治す方法』(アチーブメント出版)などがある。
ヒヅメ 一級建築士、漫画家
日本工業大学工学部建築科を卒業後、発電プラント企業に勤務。一級建築士の受験体験記『一級建築士になりたい』がKindleインディーズマンガ大賞にノミネート。著書に『マンガでわかる製図試験』(学芸出版社)がある。10年放置していた痔を手術した。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー