昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈カムカム 雉真繊維の男たちが語る〉“勇ちゃん”村上虹郎がビックリした母・UAからの「めっちゃ泣いてる」

 ラストが迫るNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。今週の放送では、ハリウッド映画「サムライ・ベースボール」の製作チームがひなた(川栄李奈)の働く映画村を見学した。

 制作チームは、衣装で使用する足袋の制作をひなたの大叔父・勇(目黒祐樹)が営む「雉真繊維」に依頼することに。ひなたからの“ビックニュース”を受け、勇はまさかの号泣。父・雉真千吉(段田安則)と青年期の勇(村上虹郎)の足袋を巡る回想シーンには、視聴者から感動の声が上がった。

 現在目黒祐樹にバトンタッチした勇役の青年期を演じていたのは、実力派若手俳優の村上虹郎。「週刊文春」では昨年末、村上虹郎さんにインタビューを実施し、母役・YOUとの印象的なシーン、安子(上白石萌音)や稔(松村北斗)との撮影秘話を聞いていた。当時の記事を再公開する。(初出:週刊文春  2021年12月23日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆ ◆ ◆

「カムカム」出演で“これまでとは違う反響”が

「今までサイコパスなキャラや銃を撃つような役が多かったので、家族みんなで食卓を囲むシーンは逆に新鮮でした。今まで使ったことのない脳味噌の使い方をすごくしましたね」

 そう語るのは、いま人気急上昇の雉真家の次男・“勇ちゃん”こと村上虹郎(24)だ。

“勇ちゃん”の優しさは読者からも厚い支持(写真 NHK提供)

 14年公開の映画「2つ目の窓」でデビューした村上。以来、実力派の若手俳優として、計26本の映画に出演するなど着実にキャリアを重ねてきた。ただ、今回の「カムカム」出演はこれまでとはまた違う反響を得ていたようで、

「ツイッターや、エゴサーチ(自分の名前で検索)をしたりして、朝ドラならではの反響の大きさを知りました。勇が『カッコいい』と言われると、嬉しいですね。良いヤツというだけでなく、カッコいいと言われると『いいじゃん、勇ちゃん』と思います」

 放送後は両親からも連絡が来たという。村上の父は俳優の村上淳、母は歌手のUAだ。

「親父は家にテレビが無いのですが、たまたま入った鰻屋で放送を目にしたらしく、『いい感じじゃない』とLINEが来ました。普段はあまりテレビを見ない母からも、今回ばかりは『見てるで。めっちゃ泣いてる』と連絡が来て。ビックリしました」