昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「茹だってるやん」関西弁のラジオ美女、放送後に頭から湯気が出ちゃった理由は?

原色ラジオ美女図鑑2022 #4 竹村美緒

湯気が出るほど喋る ラジオはスポーツ 「e-radio エフエム滋賀」竹村美緒

「人前で喋るのが苦手だった私がまさかラジオの仕事をするとは思いもしなかった」と語る竹村。2020年から月曜パーソナリティを務めるエフエム滋賀の『キャッチ!』(月〜木、14時〜19時)は5時間の生放送番組だ。

「初回の放送の時、喋り続けて最後に頭から湯気が出ちゃったんです。周りの人からは『茹だってるやん』って。これ、ホンマの話ですよ(笑)。ラジオはスポーツや、って思いましたね」

 

 生放送で飛び出す関西弁がチャームポイント。音楽番組やプロ野球の中継リポーターを務める等幅広く活躍中だ。

「自分では関西弁を喋ってるつもりなんですけど、母が鹿児島出身なので、イントネーションが変らしくて(笑)。本物の関西弁の勉強中なんですよ」

たけむら みお 1989年1月19日生まれ。滋賀県出身

(撮影 杉山拓也)

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー