昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『カムカム』金太役・甲本雅裕が語る「僕はこのシーンで絶対泣きませんから」のはずが…

 最終回が目前に迫るNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。親子3世代・100年にわたる愛の物語は、どのような結末を迎えるのか。「週刊文春」はこれまで何度もカムカムについて報じてきた。最終回を控えた今、読み返したい記事を文春オンライン初公開する。文春でしか読めぬものがある――。(初出:週刊文春  2021年12月23日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆ ◆ ◆

力みなく、自然体に。それがとても心地よくて

(こうもとまさひろ 1965年6月26日生まれ。岡山県出身。89年『東京サンシャインボーイズ』に。劇団休止後はテレビ、映画等に多数出演。名脇役として様々な役柄で活躍)

NHK公式インスタグラムより

 僕は、初代ヒロイン・安子の父で、和菓子店を営む橘金太を演じました。

 岡山県出身なので、岡山が舞台の朝ドラに出られて純粋に嬉しかった。

 撮影中は休憩時間でも、岡山弁で話していましたね。上白石萌音さんは勉強熱心で、岡山弁も完璧でした。

 安子役の萌音ちゃんは、普段接するときも、本番中も親子のような雰囲気や空気を作り出してくれます。普通の家庭で、父と娘の間に存在する、照れのような微妙な感情まで表現してくれる女優さん。まるで本当の親子のような気持ちを抱いて仲良くなりました。

 萌音ちゃん演じる安子が健気で一所懸命だからこそ、金太は娘の幸せを一番に考えたキャラクターになったと思って撮影に入りました。そんな発見をさせてくれたのは萌音ちゃんでした。

 彼女のすごさは、力みなく、自然体のまま役に入り込むところでしょう。