昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

頭が悪いから貧乏になるのではなく、貧乏だと頭が悪くなる…みんなが誤解している「頭のよさ」の正体

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, ライフスタイル

脳科学者・中野信子さんと精神科医・和田秀樹さんが共著『頭のよさとは何か』(プレジデント社)を出した。「頭のよさ」の本質とはいったい何なのか。知性か、能力か、行動習慣か。白熱対論の一部を特別公開する──。(第2回/全2回)

※本稿は、中野信子×和田秀樹『頭のよさとは何か』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

「貧乏」が頭を悪くする

【和田】目の前のことに振り回されている限りは、人間は賢い人でもバカになる。このことを、私たちはよくよく考えたほうがいい。

【中野】それについての実験はいっぱいありますよね。追い詰められた人がどんなに愚かな選択をするかという認知行動的な実験が。

写真=iStock.com/tolgart ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/tolgart

たとえば、言い方はよくないですが「貧乏が頭を悪くする(*)」というハーバード大学の研究があります。頭が悪いから貧乏になるのではない。

*「貧困が認知機能を低下させる」を参照。

頭の悪い人々の特徴は「変わりたくない」

【和田】愚かな選択以前に、何の選択もしない、何の行動も起こさない人もたくさんいます。

【中野】「頭が悪い」という表現が適切かどうかはわかりませんが、そういう人は、その状態が好きなんだと思うんです。「頭がいい状態になりたい」と口では言うものの、いつまでも変わらないのは、「この状態もけっこういい」と本当は思っているからではないかと、いつも感じます。

【和田】僕の予想だと、きわめて現状維持バイアス(*)の強い人。現状がいいわけじゃないけれど、その状態を変えるのが怖いと思っている。

*変化を避けて現在の状態の維持を望む心理。人間は利益による満足よりも損失・不利益に対する不満を大きく感じる傾向にあり、たとえ変化をすれば利益がある場合でも、変化に消極的な人が多い。

【中野】「いまの状態より悪くなるくらいだったら、いまのままでいたい」なのかもしれません(笑)。

失敗とは、「うまくいかない」と発見すること

【中野】そういうメンタルブロックがあるんですよね。