昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私の『あゆ愛』を車で表現したくて」 “スーパーカー1台分”の改造費をかけたヤバすぎる軽自動車…オーナーが明かした“改造の悦び”とは

「好き」に真っ直ぐ、クルマ娘 #4

2022/04/21

 かつては「ヤンキー」の代名詞だったシャコタンも、彼女たちにかかれば立派なオシャレのアイテムに。ド派手なスタイルの車を操り、ひときわ輝く彼女たちのクルマ愛に迫る!(全4回の4回目/最初から読む)

「あゆ愛」を車で表現するジャックひろこさん

 もうとにかく、あゆのことがデビュー当時からすごい好きで。この車を買ったのも、あゆがCMをやっていたからという理由です。浜崎あゆみとコラボした限定車のゼストスパークが販売されたと知って、すぐに買いに行って。

愛車を驚愕の「全面あゆ仕様」にカスタムするジャックひろこさん

 今の形になったのは、サティスファクトリーっていうショップのオーナーと出会ってからですね。最初にお願いしたのが6年前。それからはもうずっと、何から何まで面倒を見てもらっています。

 カスタムの内容も完全にお任せでやってもらっています。私はイメージを伝えるだけ。「とにかくあゆを全面に出してほしい」と。あとは私の地元が三重県なんですけど、三重のイメージカラーを勝手にグリーンと決めて、「グリーンとあゆ」っていうのをテーマにしてもらっています。

あゆの「Aマーク」が内外装の至るところに

 あとは、「この車を唯一無二の車にしてください」っていう風にお願いしました。「他に誰もしていないことをやってほしい」と。彼も私の気持ちに応えてくれて、たとえばトランクにある球体のウーファーも一点物なんですよ。これを作ってから、色々お店の方に問い合わせも来ているらしいんですけど、全部断ってくれているみたいです。

「唯一無二」を実現するためだけに後席をひとつにしてしまった

 後ろの席を1つにしているのも、注目されるためだけにやってくれたらしいんですけど、そのためにわざわざ構造変更の手続きもしてもらっています。あとは音響も、ちゃんと私の身長や体重を考えてもらって、運転席であゆを一番気持ちよく聞ける環境っていうのを追究してくれているんです。

 実はこれまでにかかったお金はあんまり把握していないです。彼の話では、スーパーカーが買えるくらいらしいんですけど。それでも、絶対に誰もしないようなアイデアをたくさん形にしてもらって、ほんとに感謝しています。彼のおかげで私の「あゆ愛」を車で表現できるようになって、めっちゃ嬉しいです。

愛車のカスタムを通じて性格も前向きになったという

 車のカスタムを始めるまではネガティブだったんですけど、周りからは「性格が変わった」って言われます。昔は写真に写るのも嫌でした。でも、今は撮ってもらえてありがたい気持ちでいっぱいです。カスタムであゆへの愛を表現できて本当に幸せですね。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z