昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「仕事があるうちは、働かねば」97歳現役看護師が辞めたいという後輩に伝えていること

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 働き方

10代で看護師になった池田きぬさんは、80年間看護師として働き続けている。親の介護が重なったときも辞めずに働き続けた。そんな池田さんが今、「辞めたい」という後輩にかける言葉とは――。

※本稿は、池田きぬ『死ぬまで、働く。』(すばる舎)の一部を再編集したものです。

仕事をする限り、きちんとやる

若い人たちの仕事は、手際がいいですね。見ていて、とても気持ちがいいし、元気をもらえます。

私もみなさんのようにキビキビ動けたらいいですが、なかなかそうもいかない。でも、年寄りだからと甘えてはあかんですね。年齢を言い訳にしたらいけない。仕事をする限りはきちんとやりきらないと。

「年をとっているからあかんな」と思われても、しゃくやし(笑)。

社長さんは、年齢関係なしに仕事に対してお給料をくださるので、みなさんと同じ時給をいただいています。だからこそ、「しっかり働かないと」という気持ちもあります。

撮影=林ひろし 現在勤務するサービス付き高齢者向け住宅で。入居者さんの様子はこまめにメモに記録する。 - 撮影=林ひろし

若い人のようなスピードを出せないのは、しかたがない。自分のペースでさせてもらっていますが、心がけているのは「ミスをしない」こと。

どの入居者さんにどんな看護をするか、取りこぼしがないように、細かくチェックしています。看護が終わった後も、体温や血圧などバイタル数値はもちろんのこと、施した措置や入居者さんの様子、気になったことなどをすぐにメモします。

忘れたらあかんので。あとで看護記録をまとめるとき、記入漏れがないように。

「しんどい」と思っても口には出さない

施設でする看護のひとつは、胃ろうです。食事がとれない入居者さんに、朝昼晩と看護師が行います。チューブが外れないように、手で押さえてていねいに。大人しくさせてくれる人もいるし、手を動かす人もいます。チューブがずれてしまうと、中身があふれて洋服を汚してしまうことがあるのです。

その他の措置も、ていねいに、ひとつずつ確実にするようにしています。やり直しになれば、それだけ時間がかかってしまいますから。