昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載昭和怪事件案内

死者12名に上る大量毒殺銀行強盗。占領下で起きた「帝銀事件」の“真犯人”は誰だったのか!?

「昭和怪事件案内」第11回

2022/05/01
 
 

 怪事件、珍事件、未解決事件でたどる「昭和グラフィティ」。週刊誌の新米男性記者が先輩女性記者とコンビを組み、セピア色に変色した事件の真相に迫ります。毎月1日更新。

 今回取り上げるのは、戦後の混乱期を代表する未解決事件のひとつ、「帝銀事件」。銀行のカネを強奪するため行員らに毒薬を呑ませ、12名を殺害した。

 使用された毒薬や器具が一般には入手困難なものであったため軍関係者が疑われたが、逮捕されたのは医学知識のない一人の画家だった──。

 第12回は6月1日(水)6時に更新予定です。

 同じ著者の漫画版文壇事件簿、『文豪春秋』が好評発売中です。

文豪春秋

ドリヤス工場

文藝春秋

2020年6月12日 発売

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー