昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈カムカム 明日特番〉吉右衛門役・堀部圭亮が圧倒された深津絵里 「セットの隅っこで…」

#1 独占告白50分

 カムカムが帰ってくる! 4月8日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。大反響を受け、GWには170分の総集編(BS4K:5月1日午後1時30分~4時20分、総合:5月4日午後2時~4時59分)が放送される。NHKによれば「別の作品としても楽しめるくらい」大胆な編集を施したという。

 商店街の荒物屋「あかにし」店主の赤螺吉兵衛、吉右衛門の2役を演じた堀部圭亮(56)が朝ドラ出演の反響や共演者とのやり取りなど、撮影の舞台裏を「週刊文春」に明かした記事を再公開する。(初出:文春オンライン  2022年4月6日 年齢・肩書き等は公開時のまま)

<全2回の1回目。後編を読む>

◆◆◆

吉兵衛と吉右衛門の「演じ分け」秘話

 堀部は1966年3月25日生まれ、東京都台東区出身。1990年代には勝俣州和とお笑いコンビ「K2」を結成する一方、放送作家としても「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」を手掛けるなど、主にバラエティ番組で活躍してきた。2000年代以降は、役者としての活動に軸足を移し、大河ドラマ「平清盛」や朝ドラ「花子とアン」をはじめ、名バイプレイヤーとして数多くの作品に出演している。

――「カムカム」は「花子とアン」以来、2度目の朝ドラ出演でした。

「もともと演出の安達もじりさんとは『花子とアン』でご一緒していたんです。安達さんは大阪で制作関係の仕事もしているので、次はぜひ大阪制作の朝ドラでご一緒しましょうと話していたんです。それから10年経って呼んでいただいたのが、すごく嬉しかったです」

――反響はいかがでしたか?

「最初に演じた吉兵衛さんは4週目くらいで死んじゃうんですよね。のちのち吉右衛門として再登場するというのは、最初にお話をいただいた時から決まっていたんですけど、そうは言っても、商店街の親父としてちょっと出てくるくらいかなと思っていたんです。そしたら、友達から『お前すごいじゃん、Twitterのトレンドワード1位じゃん!』と言われて。何を言っているのかと思ってたら、吉右衛門がその日、再登場していた。そのことを知って震えたというか。こんなに視聴者の方が『吉右衛門!』ってなるとは思ってもみなかったですね」

再登場時はトレンド1位に(写真/NHK提供)

――吉兵衛と吉右衛門、どのように演じ分けたのでしょうか?

「吉兵衛さんに関しては、商店街の突き当りにドーンと構えたお店で、そこで睨みを利かせているといった感じでとか、演出の方と具体的にお話をしていたんですね。だから、ある程度スッと入ってきた。でも、吉右衛門に関しては台本が上がるまではノープランでした。ただ、吉右衛門は京都の言葉になるので、少しニュアンスが柔らかくなる。そこに、肉付けをしていく。吉兵衛さんは着物を着て胸を張っている感じでしたが、吉右衛門はシャツのボタンを留めて背中が伸びている感じかなぁと。

 あと、ジョーが店先のテレビを見ていると、『買う気あらへんのか。それやったらそないに長いこと見てもうたらかなわんなあ』と告げる場面がありました。あれは、京都の人に怒られるかもしれないけど、言葉は柔らかいけれど、心の中ではピシッと線を引いているというような空気が出ていたように思います」