昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「世界」で戦う、スマイルジャパン キャプテン 大澤 ちほさんが登場

6月8日(水)開催 文藝春秋×Domo リーダーズカンファレンス SeasonⅡ ~ データに基づく「戦略」と勝利を呼び込むリーダーの「実践力」 ~

PR

【開催趣旨】

新型コロナウィルスの流行に端を発する「パンデミック宣言」からまもなく2年が経過します。ウィズコロナの生活が続く中、この逆境を契機に社会構造やビジネス構造の変革に挑むリーダーは、どのような戦略を描き、コロナ後のさらなる成長を見据えた意思決定をしているのでしょうか。また、「経済成長率が世界最低」と言われる日本市場だけをビジネスの対象にしていては、飛躍的な成長を描くのは難しく、世界基準で戦うべく投資や環境整備を加速させていく必要があるでしょう。

≪世界で戦うリーダーの条件≫
①ゴールを設定し、ビジョンを共有する「構想力」「大局観」
②データに基づく迅速な意思決定「行動力」
③実現に向け組織に変革の風を巻き起こす「推進力」
④事業としてビジネスモデルを創り出す「展開力」
⑤失敗を許容し、失敗から学ぶことで強くなる「包容力」

本カンファレンスでは、 データに基づく「戦略」と勝利を呼び込むリーダーの「実践力」 をテーマに、世界を舞台に活躍するアスリートの視点、企業マネジメントの視点、さらには活躍を支えるパートナーの視点から、世界で勝ち抜くための要諦について考察します。

〇開催概要

開催日時 6月8日(水) 14:00~16:00
会場 オンラインでのLIVE配信
参加対象 企業経営者、経営幹部、経営企画部門、DX推進部門、マーケティング部門、組織開発部門、データ活用部門などの部門長
規模    300名
参加費用 無料(事前登録制)
主催    株式会社文藝春秋 
協賛    ドーモ株式会社

申し込み

≪プログラム≫

14:00 - 14:30 特別講演
「世界で勝つためのチームづくり」
~ 個の存在意義を高めて、チーム力をあげる ~ 

アイスホッケー女子 日本代表
大澤 ちほ氏

北海道苫小牧市出身。
アイスホッケー選手だった父の影響を受け、6歳の時にアイスホッケーを始める。2008年のバンクーバーオリンピック最終予選に高校2年生でありながら日本代表入りを果たす。2013年に行われたソチオリンピック最終予選から現在まで日本代表の主将を務め、ソチ、平昌、北京五輪に3大会連続で出場。北京五輪では、男女を通じて初の決勝トーナメントに進出。2018ー2019年シーズンよりスウェーデンの女子アイスホッケーリーグ(SDHL)の強豪ルレオに所属し、所属1年目と3年目にリーグ優勝を経験。


14:30 - 14:50 ソリューション講演
「Domoで繋ぐストーリー
~スポーツとビジネスに共通するリーダーシップとデータ活用~」

ドーモ株式会社
ソリューションコンサルティングディレクター
山下 進一氏

2021年10月ドーモ入社。国内企業のデータ利活用、デジタル改革を掲げるドーモにおいて、マネージメントチームの一員として職務を遂行。コンテンツ管理、データ分析、パブリッシングなど様々なソリューション提案の経験を活かし、ソリューションコンサンティングチームをリードしている。
ドーモ入社以前は、国内外のIT業界にて25年以上の経験があり、外資系IT企業を立ち上げ、10年以上のカントリーマネージャーとしての豊富なビジネス経験とイノベーション力でいくつもの事業改革をしてきた。


14:50 - 15:30 特別講演&インサイト
「IT部門が牽引する組織横断のエンタープライズ・データ基盤構築」

株式会社日立物流
IT戦略本部 副本部長
佐野 直人氏

日立物流においてデジタルトランスフォーメーションを推進し、データ基盤構築とデータ活用による事業改善の仕組みつくり、お客様のサプライチェーンのデジタル化による課題解決サービス立上げ、および新たなサービスの創出を行う。


15:30 - 16:00 パネルディスカッション:
「世界で戦う日本企業の人材育成とデータ活用」

アイスホッケー女子 日本代表 大澤 ちほ氏

アタラ合同会社 CEO 杉原 剛氏

KDDI、インテルでコンサルティング営業、マーケティングに従事。2002年にオーバーチュア日本法人の立ち上げメンバーとして広告営業戦略全般を担う。2007年にグーグル日本法人の広告営業戦略立案、オペレーション設計、APIエバンジェライズに携わった後、アタラ合同会社を1人で創業する。その傍ら、多くの起業、事業相談に対するアドバイスや支援も実施している。2019年にスイスIMD(国際経営開発研究所)のLeading Digital Business Transformationコースを修了。

ドーモ株式会社 プレジデント ジャパンカントリーマネージャー 川崎 友和氏

日本のIT業界にて20年以上の経験があり、主にデータ活用を通じて日本企業の成長を支援してきた。2012年ドーモに入社し、2016年にジャパンカントリーマネージャーに就任、その後Elasticにて2年間の経験を経て、2021年6月より現職。データ業界での長い経験を活かし、日本企業のデジタル変革やデータの民主化の実現に尽力する。