昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 新しい世界へ踏み出したばかりの僕には、ジャニーさんから教わることは一言一句重みがありました。たとえば、まだ郷という芸名もなかった頃だったと思いますが、こう言われたことがあります。

「ひろみには、この世界での友だちは必要ないよ。だから、他の歌手と仲良くしないでいいから」

 今は自分を高めることだけに集中しなさい、という意味のアドバイスだったのでしょう。ただ、当時の僕は額面通りに受け止めるばかりで、テレビ番組で同年代の歌手と会っても距離を置き、自分から話しかけようとはしませんでした。生意気なやつだと思われていたとしても仕方ありません。

 要は、まだ幼かったのです。それ以外でも、考えに浅いところがあって、19歳でジャニーズ事務所を退所しました。その頃はジャニーズ事務所も本当に小さな会社でしたが、僕が出てから今のように大きくなっていきました。縁がなかったと言えば残念ですが、僕もやがて自分の至らなさに気づくことができ、双方にとっていいことだったのかなとも思います。

“郷ひろみ”は天職

 僕はその後、「この仕事は天職なんだろうな」と思うようになりました。30代の頃にははっきり自覚していた気がします。15歳からずっとこの世界で、迷うことなくやってきている。それどころか、この仕事が好きで好きで、どんどんのめり込んでいっている。これはどう考えたって天職だろうと思いますよ。

 ステージの上で歌を歌うということは、役者として「演じる」面があります。歌いながら過去の経験を思い出したり、あるいは想像力を働かせたりして、次々にいろんなことが脳裏に浮かんでくるんです。同じ歌を歌うにしても、毎回違った思いが反映される。言い換えれば、毎回違った自分がステージ上に存在する。だから面白いのです。

 

 僕はツアーの最中、あと何本ステージが残っているかと数えることがありません。スタッフに聞くこともない。毎回違った自分と出会えることに加えて、退屈しないショーを作っているからです。

 驕った言い方に聞こえるかもしれませんが、僕が退屈しないなら、見てくれている人も退屈しないんですよ。僕自身が飽きたと思えば、見る人もどこかで「あれ?」と感じるかもしれません。僕自身が毎回、新鮮な気持ちで立っていれば、見る人も僕の周りで働く人たちも、以心伝心で同じような気持ちになってくれると感じています。

 こうやって、郷ひろみというものを貪欲に追い求めている今の自分がいるのは、ものすごく幸せなことですよね。こういう自分を見つけてくれた「芸能界の生みの親」への感謝は尽きません。

z