昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死因の欄には"刑死"とあった」16分間、吊されていた元オウム幹部の最後の姿

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

2021年にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「編集部セレクション」をお届けします――。(初公開日:2021年12月18日)

2018年7月、オウム真理教の元教祖や幹部など13人の死刑が執行された。共同通信社編集委員の佐藤大介さんは「元幹部13人が死刑を執行された際の状況は公開されていないが、元幹部と同時期に収監されていた確定死刑囚によると、ある元幹部への対応はいままでにない異例のものだった」という――。

※本稿は、佐藤大介『ルポ 死刑 法務省がひた隠す極刑のリアル』(幻冬舎新書)の一部を再編集したものです。

写真=時事通信フォト オウム真理教の元代表松本智津夫死刑囚らの刑執行を報じる号外=2018年7月6日、東京都港区 - 写真=時事通信フォト

異様だったオウム元幹部たちの“死刑報道”

2018年7月6日朝、安田好弘弁護士は大阪の伊丹空港にいた。オウム真理教の教祖だった松本智津夫(教祖名・麻原彰晃)元死刑囚の弁護人を務めていた安田弁護士だが、元教団幹部の新実智光元死刑囚、中川智正元死刑囚について、再審や恩赦についての弁護を担っていた。

その日は、大阪拘置所に収監されている新実元死刑囚と面会するため、早朝の便で東京から大阪に向かっていたのだった。

安田弁護士は、伊丹空港に到着した後、東京・赤坂にある自身の事務所に電話を入れた。羽田空港を出発する間際の午前7時半過ぎ、報道各社からの問い合わせを通じてオウム元幹部への死刑執行があるとの情報をつかんでおり、確認をするためだった。

そこで、松本元死刑囚のほか、これから面会に行く予定だった新実元死刑囚、そして広島拘置所に収容されていた中川元死刑囚に、刑が執行されたことを知った。「再審準備のための弁護人として、新実さんと中川さんとは定期的に面会していました。1カ月に1回くらいでしょうかね。その日は新実さんと午前中に会う段取りになっていました。(執行のニュースを聞いて)国家の強さというものを、まじまじと実感させられましたね」

午前7時半過ぎに、安田弁護士のもとへ記者からの問い合わせがあったことからわかるように、松本元死刑囚らへの執行は事前に報道各社へリークされていた。当日の午前8時過ぎから、テレビ各社が「法務省が松本死刑囚らの死刑執行手続きを始めた」と速報し、新聞・通信の各社もインターネット上で報じている。