昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

言葉によどみがない。練習していたかのようだ。今はインターネットでなんでも調べられる。第一志望でない会社から内定(※4)の連絡を受けたときの返事の仕方などもネットにあるのだろう。

※4:私にも経験がある。食品メーカーで、その会社はオーストラリアへの赴任を考えていると言ってくれていたが、内定を辞退した。今、スーパーでその会社の名を見かけると、ここに就職していたらどうなっていたかなと考えることがある。

「正直すぎる」少し心配な受け答えも…

「先日は面接にお越しいただき、ありがとうございました。採用させていただきます」
「ありがとうございます。たいへん嬉しいのですが、大事なことですので、親と相談してからお返事させていただきます」

親と相談するのは当然だが、それを前面に出して大丈夫なのだろうか。親から自立していないと思われることはないのだろうか。それともこれも決まり文句で、こう言われたら会社のほうでも見当がつくのだろうか。

「先日は面接にお越しいただき、ありがとうございました。採用させていただきます」
「そうですか。どうしようかな。外資ですよね。英語話せないと仕事にならないですよね。でもTOEICで500点以上あれば大丈夫なんですかね? それだったらなんとかなりそうなんですけどね」

もちろん、こんな質問に答える立場にない。相手は証券会社の採用担当者だと思っているが、私は一介の電話オペレーターだ。

「さきほどお伝えした番号におかけいただいて、そこで相談していただけますか?」
「それでいいですか。了解です」

内定を受けたときの言葉とは思えない軽さだが、型にはまらないこういう人間のほうが大きな仕事をするのかもしれない。

リストもついに終盤へ…偏差値40台の学生たち

連絡も終わりに近づくと、大学の偏差値は50を切り、40台になった。

そのレベルの大学の学生は電話を待ち構えているのか、午前中でも留守番電話(※5)になることは少なかった。

z