昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件

「お父さん、もう死んでおらんのやないか」監禁先から逃げ出してきた少女に問いかけた理由とは

完全版ドキュメント・北九州監禁連続殺人事件 #101

2022/05/17

genre : ニュース, 社会

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第101回)。

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図

事件から20年…由紀夫さんの両親を訪ねて

 その部屋を訪ねるのは、およそ1年半ぶりのことだ。前回は祭壇に手を合わせることを許された。今回はどうだろうか。そう思いながら玄関先のインターホンを押した。2022年3月某日のことである。

 福岡県北九州市にあるマンションの一室。そこに広田由紀夫さん(仮名、以下同)の両親が住む部屋がある。引っ越していなければ、由紀夫さんの実母である聡子さんと、再婚相手の古谷辰夫さんがいるはずだ。

 由紀夫さんの娘である広田清美さんが、松永太と緒方純子による監禁状態から逃げ出した際には、辰夫さん夫婦が逃走場所に迎えに行き、その後、「おじいちゃん」である辰夫さんが警察署に同行している。

「どちらさんですか?」

 玄関の内側から男性の声がした。私は名乗り、前回やって来たことを告げると扉が開く。

「もう今年で事件から20年になるんですよ」

 私はそう切り出す。

「そうですよねえ」

 辰夫さんは静かにそう答えると、私を室内に招き入れてくれた。

実母の聡子さんは認知症に

「今年でおいくつになられました?」

「ええ、90です」

 耳は遠いようだが、しっかりした声が返ってくる。

「お元気ですねえ」

「まあいまんところ、リウマチだけやね。病院に通いようけど、わりと元気です」

「おばあちゃんは?」

「もう92よ。認知症が出てねえ」

 そう言うと、奥の部屋のベッドに目をやった。そこでは聡子さんが、きょとんとした顔でこちらを見ている。私が「こんにちは」と声をかけるが、反応はない。

 まず由紀夫さんの写真が飾られている祭壇に線香を立て、手を合わせる。そして私は居間に戻ると、辰夫さんに尋ねた。

「たしか以前、緒方から詫びの手紙が来ていたと聞いているのですが、最近は手紙とか来ていますか?」

「いや、来ない。なんか無期懲役が決定してからは全然来てない」

「その前は来てたんですよね」

「そうそう。何通かはきた」

 私が緒方からの手紙が残っていないか尋ねると、辰夫さんは「ちょっと待ってね」と口にして、奥の箪笥を開けて手紙を探した。そして1通の封筒を持ってきて、「これしかないですねえ」と私に手渡した。

z