昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「客同士が勝手にやっていること」日本最大級ハプニングバー 客80人イベント中の摘発劇 5.4億円売り上げのカラクリ

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

警視庁保安課などは、日本最大級とされるハプニングバーを摘発し、経営者らを現行犯逮捕した。容疑は、公然わいせつ幇助。場所を提供した上で、客同士が、お互いのわいせつ行為・性行為を見せ合うことができるよう”手助け”した疑いだ。

ビル1棟まるごとハプニングバー

5月8日・日曜日の早朝、東京・渋谷区道玄坂のホテル街。あるビルの入口から姿を現した広瀬理基容疑者(40)は、薄ら笑いを浮かべながらカメラの前を通り過ぎ、そのまま警察車両に乗せられて行った。

 
 
連行される広瀬理基容疑者(40)(8日午前4時半ごろ 東京・渋谷区)

保安課の捜査員らは、土曜日の深夜から、ハプニングバー「SleepingBeauty ~眠れる森の美女~」の摘発に着手。経営者の広瀬容疑者や従業員ら合わせて10人を現行犯逮捕した。容疑者らは、地上3階、地下1階のビル一棟を、まるごとハプニングバーとして利用していたという。

2階にはプレイルームがあり、当時、中では、男女がわいせつな行為に及んでいた。その様子を、別の客が、マジックミラーの小窓から見ていたそうだ。公然わいせつの「公然」とは、不特定または大勢の人が、見たり、知ったりすることができる状態という意味だ。

摘発時に”イベント” 80人の男女が

当日、店では、あるイベントが企画されていた。ビルの中には集まった80人の客。まさに、公然と、大勢の人たちの前で、”行為”が繰り広げられていたことになる。この日、来店客の男女比は、男6割、女4割だったという。

 
ビル1棟が全てハプニングバーとして使われていたという

この店は、昔から、ハプニングバーとして存在していたが、2020年10月以降、経営者となったのが広瀬容疑者だった。会員制で、入会金は、男7000円、女2000円。入店料は、時間帯によって違った。午後3時~午後7時は、男8000円、女は無料で、カップルだと3000円。

午後7時~翌朝が、男1万7000円、女は無料で、カップルだと8000円だったという。店は年中無休で、これまでに5億4000万円以上を売り上げていたとされる。深夜に酒類を提供する飲食店として届け出ていた広瀬容疑者。警察の摘発対策は、かなり徹底されたものだった。