昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「今、海外で経営者やってるんだよ」36歳元セクシー女優が“絶縁”状態の母に数年ぶりの電話…返ってきた“震える言葉”

小澤マリアさんインタビュー#3

2022/05/21

 18歳でセクシー女優としてデビュー、29歳のときには、フィリピンに移住し、高級ラウンジなどを開業。新しい挑戦をし続けてきた小澤マリアさん。一番最初のモチベーションは、AVデビューを機に親子の縁を切られた母親を見返すためだったという。

 彼女はどのような家族のもとで育ち、どのような考えをはぐくんできたのか。今まで詳細に語られることのなかった、小澤さんの生い立ちを聞いた――。

◆◆◆

 

――お母さんが日本の方、お父さんがカナダの方なんですよね。

小澤マリア(以下、小澤) そうです、ただ、父よりも母との方が関係が良くなかったんですよね。

 私は父方の祖父にとっての初孫だったんです。だからよくカナダに呼ばれて、英語漬けの毎日でした。インターナショナルスクールに通っていたのですが、インターって夏休みとか3か月くらいあったりするんです。その間にカナダに行って現地の学校に通ったりと、ほとんど外国人として育てられたんです。

 母からしたらそれが寂しかったみたいで。英語だから、勉強も教えることができなかったし、私は英語の方がペラペラにしゃべれたんで、コミュニケーションも取りづらかったんだと思います。

 で、弟が生まれると、弟は日本の学校に入れたんです。母親が日本人として育てたかったんだろうなって思います。そうすると、“私と父”、“弟と母”みたいな意識が出てきてしまって、居心地悪いなっていうのがずっとあったんですよね。

「母とはめちゃくちゃ性格が似てるんですよ」

――子供からしたら、それはちょっとさみしいですね。