文春オンライン

胸元を開けさせ下着の色をチェック…「服装検査」というブラック校則がまかり通る日本の学校の異常さ

source : 提携メディア

genre : ライフ, 教育, 社会

下着の色は白かベージュに限る。髪の毛の色は黒じゃないといけない。そんなブラック校則は、なぜ全国の学校にあるのか。九州工業大学名誉教授の佐藤直樹さんは「日本の学校の先生には、子どもの人権や権利という考えがない。だから、法的にはセクハラや人権侵害にあたるような校則が生まれる」という――。

※本稿は、佐藤直樹『「世間教」と日本人の深層意識』(さくら舎)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/urbancow ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/urbancow

真冬なのに「暖房を使用してはいけない」という謎ルール

ビックリするニュースを見ました。福岡市の小中学校では、真冬でもコロナの感染予防のために、窓を一日中全開にしているというのです。暖房を入れてはいるけれど、当然寒いです。ところが、生徒は制服だけで、オーバーや防寒具はおろか、マフラーや手袋、ハイネックなども着用が禁じられています。

そういう訳のわからない謎ルールがあるために、生徒が凍えている。

私は福岡に住んでいたので思い出しましたが、福岡市立の小中学校は、たしか2014年までエアコンがなかった。2014年からエアコンがついたけれど、それは冷房用としてしか使わない。暖房もできるけれど、使用は認めなかった。

2016年になって、初めて市立の小中学校に暖房が入ったということです。福岡の冬は寒いときは0℃になります。雪が降る。だから、本当に寒い。教室にいると、死ぬほど寒い。

生徒が風邪をひくから暖房を入れるべきだと、PTAでお話ししたことがありますが、「いや、子どもは風の子、大丈夫です」。福岡はそういう意識のところなのです。しかも県立の高校にも暖房がない。

大学の授業で、それを話題にしたことがあります。学生に聞いてみたら、ほとんどの高校には暖房が入っていない。「冬はどうしてるの?」と聞いても、特に疑問を感じていないようでした。

教室では寒くても防寒具を着ちゃいけないという、訳のわからない謎ルールだけでなく、ほかにも合理的な理由のないルールがあります。いわゆるブラック校則です。