昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2025 年の「消費者行動・EC市場」予測 ~ D2CモデルでEC販路を拡大するために必要なこと~

7月7日(木)開催 文藝春秋 100 周年シリーズ「デジタル販路拡大」カンファレンス

PR

≪企画趣旨≫

 政府は去る6月1日より、新型コロナウイルスの水際対策を大幅に緩和し、1日当たり1万人の入国者枠を2万人に拡大しました。感染状況が落ち着いている国を中心に、徐々にではありますが、外国人観光客の受け入れが増えていくことで、経済活動の正常化に軸足が動き始めています。こうした中、コロナ禍の生活様式の一変により、多くの企業が強化し、市場が急拡大した物販系ECの動向と今後の消費行動の予測にも注目が集まっています。消費者とのリアルでの接点が減り、オンラインでのコミュニケーションが進化していく中、オンラインとオフラインを併せたOMO施策により、「探す」という行為から好みに合わせて表示されるものの中から「選ぶ」など、購買体験の高度化も「販路拡大」「売り上げ拡大」と併せて不可欠となってきています。

 国内外の人の移動、経済活動が活発化していく中、オンラインでの消費者行動をしっかりと予測し、変化に対応していくことが、今後のビジネス成長のカギを握っているといえるのではないでしょうか。

 本カンファレンスでは、2025年の「消費者行動・EC市場」予測をテーマに、消費者行動の変化、EC・D2C の最新トレンド、世界市場への挑戦、デジタル販路拡大の可能性などについて、有識者の講演や、実践企業の経験談を通じ考察をできればと存じます。

≪開催概要≫

日時 2022年7月7日(木) 14:00~16:00
会場 オンラインLIVE配信
参加対象 企業経営者、経営幹部、経営企画部門、マーケティング部門の部門長など
定員 300名
参加費 無料(事前登録制)
主催 文藝春秋
協賛 株式会社いつも

申し込み

≪プログラム≫

〇基調講演(14:00~14:50)
「2025年の消費者行動予測」
~ EC・D2Cの先にある世界 ~

立教大学ビジネススクール
教授
田中 道昭氏

シカゴ大学経営大学院MBA。専門は企業戦略&マーケティング戦略およびミッション・マネジメント&リーダーシップ。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)などを経て、現在は株式会社マージングポイント代表取締役社長。主な著書に『2025年のデジタル資本主義』『「ミッション」は武器になる』(NHK出版新書)、『アマゾンが描く2022年の世界』(PHPビジネス新書)、『GAFA×BATH 米中メガテック企業の競争戦略』(日本経済新聞出版社)など。


〇課題解決講演(14:50~15:20)
「D2C×ECシフト最前線」
~ 2025年のデジタル消費予測とEC販路拡大のために取り組むべきこと ~

株式会社いつも
執行役員
立川 哲夫氏

EC・D2Cマーケティング支援を手掛ける、株式会社いつも(東証グロース市場上場)の執行役員として、メーカー・ブランドの日本流D2C戦略の提唱者の1人。書籍『2025年、人は「買い物」をしなくなる』の企画に携わる。自社公式EC、Amazon、楽天市場、PayPayモールを同時に活用して、EC事業拡大を目指す大手メーカー・ブランド保有企業に対して、戦略立案、実行モデル提言を行っている。執筆に関わった書籍として『先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務』『EC戦略ナビ』『EC担当者のプロになるための教科書』などがある。


〇特別講演(15:20~16:00)
「ユーザーファーストで推進するカシオ流D2C」
~CASIO/G-SHOCKファンが喜ぶ体験を実現するためのEC/D2Cの取り組み~

カシオ計算機株式会社
執行役員 デジタル統轄部長
石附 洋徳氏

広告会社にて、様々な業界のマーケティングの戦略構築からシステム導入に至るまでを推進。2019年からカシオ計算機に参画し、新しいデジタルマーケティングの仕組みづくりをリード。2021年より全社のDXを推進する組織としてデジタル統轄部を立ち上げ、カシオのバリューチェーン全てのDX推進を統括。2022年から執行役員。

z