昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

事件を起こす前までは同情の余地があった“そういう環境”とは

 主婦は続けて苦悩を語る。

「長い間にいろんなことがあったんだね。事件を起こす前までは同情の余地があるけど、あの事件を起こしたら、全く同情の余地はないよね。そういう環境でも、あんな事件を起こさない人はいっぱいいる。そうでしょ。そういうふうに生きてきたんだよ、みんな。どんな苦しいことがあったって。変な言い方だけど、自分で死んでしまったほうが。逆恨みみたいなことはしちゃいけないよね」

 主婦が言う“そういう環境”とは青葉の複雑な家庭環境である。付近で暮らす、青葉の父親を知る元食料品店経営者は言う。

「親父さんとは何回か会ったことあるけどよ、普通の人だよ。別に印象も何もねえよ、単に普通の人。仕事はタクシーの運転手。羽振りは良かったよ。結構、稼いでたみたいで」

 日を置いて、父親の地元・茨城県常総市を取材すると、彼の奔放な性格が見えてきた。

「あそこに父親の実家があったんだよ」

 大きな田畑の中に建てられたアパートを指差し教えてくれたのは、青葉家と縁戚にあたる初老の男性だ。

「青葉の親父が家を出て、奥さんと6人の子供はそこに暮らしていたんだけど、なんか勝手に土地を売っちゃったみたいでね。急に立ち退きさせられてこの地からいなくなりましたよ。それから見てないですね。もう40年近く」

 青葉の父親は青葉の実母と結婚する前、前妻との間にできた6人の子供がいた。農業を営む傍ら、幼稚園のバス運転手もしていたらしいが、生活に困窮していたことは容易に想像できる。

幼少期の青葉被告

不倫の末に駆け落ちした父と母

 取材を進めるうち、青葉の実母は、父親とは子供を通じて知り合った幼稚園の教諭で、不倫の末に駆け落ちしたことがわかった。2人はほどなく結婚し、やがて青葉を含めた3人の子供が誕生。家族5人で件の古びたアパートで暮らすようになる。

 前妻との間に生まれた兄弟の1人にも話を聞くことができた。

「事件が起きて、義理の弟が起こした事件と言われても何もピンとこなかったです。自分は父親の記憶もないし、父親が生きているのか死んでいるのかも知らない。関係ないというのが感想です。そうやってずっと生きてきましたから。兄弟で父親の話をすることもないです」

 母が女手一つで6人を育てるのは相当に無理があったようで、養子に出された兄弟もいたという。果たして父親は、前妻や前妻の子に対し、支援の類はもちろん、会いに行くことすらなかったそうだ。

z