昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新しい「営業戦略」のススメ

7月26日(火)開催 文藝春秋100周年シリーズカンファレンス

PR

新型コロナによる市場ニーズの変化、急速な円安、そして、それに伴う仕入れ価格の上昇は日本経済とビジネス現場に大きな影響を及ぼしています。特に、営業活動においてはお客様との接点が「対面」から「非対面」となり、業績の不透明感も増す中、「経験と勘」から「プロセス化、見える化」へとデジタルトランスフォーメーションの流れを汲んだ変革へと舵を切る企業も増加傾向にあります。

しかしながら、営業戦略や組織づくりのあるべき姿について、具体的なビジョン、そしてゴールが十分検討されないまま、結果としてデジタル化が目的となり、成果が出ないといったケースも多数散見されます。

また、変革を支える人材に目を向けると、営業人材の不足、育成、定着化においても、中堅・中小企業のリーダーにとって大きな悩みとなっています。お客様への価値提案の機会を作り出し、発見し、そして、適切なタイミングでフォローし、お客様の成功を中長期で支援し続けるには、営業戦略、組織、そして、プロセスのバランスを人材の特性を理解しつつ構築していくことが重要といえるでしょう。

そこで本カンファレンスでは、「新しい営業戦略」をテーマに、戦略の立案・実行、組織づくり・プロセス改革から探る、利益最大化への挑戦に焦点をあて、売上と利益の最大化に全力を注ぐ、プロフェッショナル、および実践者の講演を通じ、営業戦略のあるべき姿を考察します。 

≪開催概要≫

日時 2022年7月26日(火) 14:00~16:00
会場 オンラインでのLIVE配信
参加対象 経営者、経営幹部、営業部門、営業支援部門、マーケティング部門の部門長など
定員 500名
参加費 無料(事前登録制)
主催 文藝春秋
協賛 株式会社コンカー 

申し込み

≪プログラム≫

〇基調講演(14:00~14:50)
新時代の「営業戦略」と「営業DX」
これから何が「変わるのか」「変わらないのか」徹底解説します!

アタックスグループ パートナー
株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長
横山 信弘氏

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。


〇課題解決講演(14:50~15:20)
「急成長を果たした営業組織の舞台裏!」
~外資IT営業部門のマネジメント・オペレーションを赤裸々に紹介~

株式会社コンカー
バイスプレジデント ディストリビューション統括本部 営業統括
堀井 成巳氏

2012年株式会社コンカー創業と営業開始より、営業部に従事。企業立ち上げに伴いユーザー数が0社の状況から10年で1,450企業グループ、時価総額TOP100社の52%シェア、8年連続経費精算システムの売り上げNo.1への成長に大きく貢献。現在はバイスプレジデントとして営業部門を牽引。


〇特別講演(15:20~16:00)
「売上最小化、利益最大化の法則」
~続的な顧客との関係を築く、新しい営業戦略、販売戦略~

株式会社 北の達人コーポレーション
代表取締役社長
木下 勝寿氏

1968年神戸生まれ。大学在学中に学生企業を経験し、卒業後は株式会社リクルートで勤務。その後、独立するも事業に失敗し、フリーターに。無一文の中、Eコマースに勝機を見出し、コネもツテも一切無い状況から1人で起業し、独自のWEBマーケティングで東証プライム上場を成し遂げ、一代で時価総額1000億円企業に。広告運用や商品開発、顧客サポート、システム開発に至るまでを内製化するとともに、「5段階利益管理」「無収入寿命」などの独自の管理会計による経営で社員一人当たりの営業利益額2,332万円を実現。東洋経済ONLINE「市場が評価した経営者ランキング」1位。日本国政府より紺綬褒章8回受章。
著書『売上最小化、利益最大化の法則─利益率29%経営の秘密』(ダイヤモンド社)は、「2021年 スタートアップ・ベンチャー業界人が選ぶビジネス書」において大賞を受賞。

z