昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「加害者家族の多くが『サザエさん』みたいな家なんですよ」“普通の家庭”から無差別殺傷犯が生まれる“日本社会特有の理由”

『「死刑になりたくて、他人を殺しました」 無差別殺傷犯の論理』より #1

genre : ニュース, 社会

 近年、「死刑になりたい」という動機で引き起こされた事件が連鎖反応的に発生している。2021年10月の「京王線刺傷事件」、同11月の九州新幹線車内で起きた放火未遂がその例だ。翌22年1月に東京・代々木で起きた焼き肉店立てこもり事件も、犯人が「死刑にしてくれ」と供述していた。

 ここでは、各界の研究者や事件にかかわる人々へのインタビューによって、「死刑になるため」に凶悪犯罪を実行する犯人たちの“真の姿”に迫ったインベカヲリ★氏の著書『「死刑になりたくて、他人を殺しました」 無差別殺傷犯の論理』から一部を抜粋。加害者家族をサポートするNPO法人、World open Heartの理事長・阿部恭子氏が明かした加害者家族の実情を紹介する。(全2回の1回目/2回目を読む

◆◆◆

世間の非難を一身に浴びる“加害者家族”をサポート

 事件の容疑者が逮捕されると、当の本人は身柄を拘束され、世間からシャットアウトされた場所に身を置くことになる。一方、その家族は報道陣に囲まれ、親は辞職に追い込まれたり、子は退学させられ、引っ越しを余儀なくされたりなど、生活が一変してしまうことが多々ある。世間の非難を一身に浴びるのは、実は犯人ではなくその家族のほうなのだ。

 そんな加害者家族の存在が表に出ることは滅多にないが、事件の真相を一番深く知っているのは彼らだと思われる。

 阿部恭子氏は、そんな加害者家族をサポートするNPO法人、World open Heartの理事長だ。宮城県仙台市を拠点に2008年からスタートし、これまで2000件以上のサポートをしてきた。全国の加害者家族からの相談を直接受けるのは阿部氏であり、24時間対応している。

 加害者家族の支援を専門として行う団体は、ほかに山形県の弁護士会が行う犯罪加害者家族支援センターと、大阪府のNPO法人スキマサポートセンターなどがある。しかし、もっとも多く事件を経験している阿部氏のもとに、全国からの相談が集中している。

罪が重いほど家族は追い詰められる

 その日も、相談者に会うため地方から地方への移動中らしく、キャリーケースをガラガラと引きながら、都内某所まで来てくれた。

「殺人事件に関して言えば、私は結構田舎で起きているイメージが強い。家族間殺人とかね。性犯罪とか詐欺とかいろいろなケースがあるけど、私は殺人事件を一番多く扱ってきているんです。これまで300件くらいですかね。やっぱり殺人事件になれば全国報道されるので、家族が巻き込まれる。かなり大きい事件だと親族のほうまで報道陣が行くことは結構あるので。重大事件のほうがサポートのニーズは高いのではないかと思っています」

©️iStock.com

 犯した罪が重ければ重いほど、その家族は追い詰められることになる。そうした加害者家族からの相談を受けて、阿部氏は必要であれば報道対応を引き受け、被害者への謝罪の場まで付き添うこともあるという。

 荷の重い仕事に思えるが、阿部氏はとくに疲れた様子も見せず、軽やかな表情をしているのが印象的だった。

z