文春オンライン

医療保険と学資保険は今すぐやめていい…公認会計士が教える「いらない保険」の見分け方

source : 提携メディア

毎月の出費を抑えるにはどうしたらいいか。公認会計士の金川顕教さんは「むだな保険に入りすぎてお金が貯まらない人が多い。発生確率と損害額を考えると、医療保険や学資保険、外貨建て保険など6つの保険は入る必要がない」という――。

※本稿は、金川顕教『公認会計士が教えるお金の増やし方大全』(ポプラ社)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/scyther5 ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/scyther5

発生率にかかわらず、損害が小さい場合は貯金で対応

ここでは保険の節約について考えていきます。実際、保険に入っている人は多いですが、多くの人がむだな保険に入りすぎていて、お金が貯まらなくなっています。では、どんなときに保険に入ればいいか。「発生確率と損害額」から考えることが大切です。

発生する確率が低く、損害が小さい場合、それから発生確率は高いが、損害が小さい場合、この場合は貯金でOKです。入るべき保険は「発生する確率が低く、損害が大きい場合」です。一方、発生確率が高く、損害が大きいものには近寄ってはいけません。

そもそも保険とは、みんなで少しずつお金を出し合って、運悪くトラブルに遭った少数の人にお金を渡す仕組です。ですから高確率で発生するリスクは、保険金をもらう人が多くなるため、保険としての仕組が成り立たないということです。そういう意味で、入らなくていい保険No.1は医療保険です。がん保険、学資保険、積立型生命保険・養老保険、外貨建て保険、ペット保険、これらも入る必要はありません。

40歳男性が死亡すると1億5000万円超の損害に

そして入るべき保険は「生命保険」「火災保険」「自動車保険」の3つです。なぜなら発生する確率は低く、損害が大きいからです。

生命保険文化センターの調査によると、40歳男性の死亡率は0.093%ですが、亡くなると数千万円から数億円の損害が出ます。また自動車事故で人を死なせてしまう確率や、火災の発生確率はかなり低いのですが、人を死なせてしまったり、家が燃えてしまったりすると、数千万円から数億円の規模の損害があります。もちろん住宅価格や周囲の損害額で変わってきますが、低確率、損害大であることには違いありません。