昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「断り方も愛子さまはかなりお上手」成年会見に識者が“安心”した理由 眞子さん会見は“国民やマスコミへの不信感”が…

#1

 世界は女王の時代へ。小田部雄次氏(歴史学者・静岡福祉大学名誉教授)、佐藤あさ子氏(皇室ジャーナリスト)、君塚直隆氏(関東学院大学教授)による座談会(「文藝春秋」2022年7月号)を全文転載します。(全2回の1回目/後編に続く)

◆ ◆ ◆

「これこそ本来の皇室の姿だ」

佐藤 3月17日に行われた成年会見での愛子さまは、本当にご立派でした。はじめて国民にお声を届けられる場だったので、一層注目されていたわけですが、堂々とした所作と穏やかな微笑み、そして柔らかなお話しぶりに多くの人々が胸打たれたことでしょう。

君塚 手元の原稿をほとんどご覧になることなくご自分の言葉でお話しされていたのもよかった。心からのお言葉をお聞きしているようで。

ご成年にあたり記者会見をされる愛子さま 宮内庁提供

小田部 このところの皇室関係の会見にはガッカリすることも多かったのですが、今回は「これこそ本来の皇室の姿だ」という印象を非常に強く受けました。冒頭で、前夜に起きた東北地方での地震により亡くなられた方へのお悔やみを述べられるなど、約30分の会見全体を通して、常に国民を思い、一つひとつの質問に丁寧かつ正直にお答えなさったのが印象的でした。

佐藤 私は雑誌記者として約15年間、皇族のお出ましや節目の行事などを取材してきました。愛子さまは学習院初等科時代に通学が困難になったり、中等科時代に、急激なダイエットで激やせしてしまったこともありましたから、会見でのお姿には、「よくぞご立派に成長されて」としみじみとしてしまって。特に、雅子さまに対しての「『生んでくれてありがとう』と伝えたいと思います」というお言葉が素晴らしかった! 全国の母親も落涙ものだったと思います。20年前の会見で雅子さまが涙ながらにおっしゃった、「生まれてきてくれてありがとう」に呼応しているわけですから……思い出すだけでもうウルウルしちゃう。

佐藤あさ子氏 ©文藝春秋

君塚 小田部先生もおっしゃいましたが、最近の会見では昨年10月、小室圭さんと眞子さんが揃って出られたものが国民の記憶に新しいですからね。正直、あれは後味がよくなかった。質問を一切受け付けず、一方通行のイメージもありました。

小田部 質疑応答を無くした理由として、お2人は「誤った情報が事実であるかのような印象を与えかねない質問であると思います」とか、「口頭で質問にお答えすることは不可能であると思いました」としていましたね。

佐藤 国民やマスコミへの不信感、そこからくる敵対心がありありと見てとれました。

小田部 断り方ひとつをとっても、愛子さまはかなりお上手でしたね。眞子さんのご結婚について問われた際、「私から発言することは控えさせていただきたいと思います」と非常にやんわりとお断りされていた。ノブレス・オブリージュとは「高貴なる者の義務」と訳してよく使われる言葉ですが、愛子さまの今回の立ち居振る舞いからは、それが自然に身に付いていることが、はっきりとわかりました。

z