昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安室奈美恵、SPEED、三浦大知…伝説のタレント学校「沖縄アクターズスクール」が表舞台から長らく消えていたワケ

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

数々のスターを生んだ“小さな島の大きな養成所”

わたしたちの原点はここにある――。

1990年代、安室奈美恵さんやSPEED、DA PUMP、MAX、三浦大知さんら多くの人気アーティストを輩出し、日本エンターテインメント界の“才能の宝庫”として注目された「沖縄アクターズスクール」(公式インスタグラム)。その小さな島の偉大なる看板の下に、出身アーティスト総勢60人超が集結する一夜限りのイベントが10月2日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催される。

なぜ沖縄という小さな島から、世界で活躍する逸材がこれほど出てくるのか。その裏には、沖縄の子の多彩な可能性に寄り添い、異色の指導法で彼らを育てあげた、ある人物の存在があった。90年代後半までの全盛期を境に、事業拡大への意欲が裏目に出た沖縄アクターズスクールは長く「出身スター不在」の低迷期が続いてきたが、そのもう一つの決定的な要因になったのが、この人物の“不在”にあった。

「夢を諦めさせてくれたのは奈美恵だった」

沖縄アクターズスクール創設者・マキノ正幸氏の長女で同校元チーフインストラクターの牧野アンナ氏(50)。安室奈美恵さんやMAXの指導にあたり、自身も92年、スーパーモンキーズの一員としてデビュー。グループ脱退後は、SPEED、DA PUMP、知念里奈さん、山田優さん、黒木メイサさんら、のちにスターとして花開く若き才能たちの育成にも携わった。

筆者撮影 沖縄アクターズスクール創設者・マキノ正幸氏の長女で同校元チーフインストラクターの牧野アンナ氏(50) - 筆者撮影

経営者であるマキノ氏のもと、実質的に指導を担ったのはアンナ氏だった。現在、東京を拠点にダウン症のある人々のためのダンススクール「ラブジャンクス」を運営し、AKB48やSKE48の振り付けなども手がけている。

子どもの頃から父・マキノ氏に、「自分の才能は何かをちゃんと知りなさい」と繰り返し言われ、叩き込まれるように指導者としての“資質”を植え付けられたというアンナ氏。14歳からマキノ氏による指導と独学でインストラクターを務めながらも、スターへの憧れを抱き続けた。

z