昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雑談を盛り上げるコツは「中身のない発言」…ノブコブ吉村が“どうでもいい言葉”を叫ぶ意味とは?

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル

雑談を盛り上げるにはどうすればいいのか。元芸人でネタ作家の芝山大補さんは「それは『中身のある話しかしてはいけない』と思い込んでいるからだろう。お笑い芸人は、わざと中身のない話をすることで、会話をうまく盛り上げている」という――。

※本稿は、芝山大補『おもろい話し方 芸人だけが知っているウケる会話の法則』(ダイヤモンド社)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/filadendron ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/filadendron

あなたの会話が盛り上がらない意外な理由

・初対面の人との会話が続かない
・仕事先の人と会話が盛り上がらない
・先輩にかわいがってもらえない
・友人との雑談がはずまない
・意中のあの人との距離が縮まらない

『おもろい話し方 芸人だけが知っているウケる会話の法則』を手に取った人の多くは、そんな悩みを抱えているかもしれません。つまり、会話が続かない、盛り上がらないという悩みです。

とくに、特定の相手やシチュエーションで会話が盛り上がらないと悩む人は多いものです。「なぜかあの人とだけ会話が盛り上がらない」「職場でだけ会話がはずまない」「初対面の人が苦手」といったケースです。

そんなとき、多くの本で教えてくれる解決策は「話をしっかり聞こう」「共通点を探そう」「リアクションを大きく取ろう」といった内容ですよね。もちろん、これらの聞き方やリアクションは大切です。

しかし、それ以前にもっともっと、もーーーーっと大切なことがあります。それは、会話のハードルを下げることです。

特定の相手やシチュエーションで会話が盛り上がらない。じつはその理由は単純明快です。その人、そのコミュニティ、そのシチュエーションにおいて、あなたが「中身のある話しかしてはいけない」と思い込んでいるからです。

中身のある話題を探すほど会話のハードルが上がる

多くの人は、会話においてキャッチボールが生まれる話題を探そうとします。「最近どう?」「なにかおもしろいことありました?」「最近、なにかあった?」と、会話がはずむテーマを探そうと試みるのです。

z