昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

音楽評論家・湯川れい子86歳が考える人生で後悔しないための「5つの原則」…幸せはお金や肩書きからは生まれない

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, 歴史, 音楽

何歳になっても幸せに暮らすためには何が必要か。ことし86歳を迎えた音楽評論家の湯川れい子さんは「仕事もなくパートナーもいない、そんな一人の時間をいかに生きるかが重要な時代になった。何度も死を近くに感じながら生きてきた86年間で、私を幸福へと導いてくれた法則が5つある」という――。

※本稿は、湯川れい子『時代のカナリア』(集英社)の一部を再編集したものです。

終戦を迎えた9歳のころ、自害の方法を教わった

2022年1月22日、私は86歳の誕生日を迎えました。日本の元号だと令和4年ですが、私は仕事上ずっと西暦にしてきましたので、はじめにそのことをお断りしておきましょう。

日本の元号で時系列を表現すると、どうしても世界史的な出来事との関連が捉えにくくなるように思うからです。

日本の出来事も、日本人の暮らしも、近代以降は世界の動きと密接な関係を持ってきました。ただ、「昭和」の場合は、その元号で続いた時間が相当な長さになりますし、個人史としても大きな出来事が昭和と結びついていますので、そのトピックスによっては、「昭和何年の」と言わざるを得ないときも出てくるのです。

たとえば、私の誕生日は1936年の1月22日ですが、やはり「昭和11年1月22日」と言ったほうが、時代の空気を反映していると言えるかもしれません。

第二次世界大戦、アジア太平洋戦争というあの悲惨な戦いが敗戦となった昭和20年(1945年)8月、私はまだ9歳でした。

戦時中の家族写真(出典=『時代のカナリア』)

「玉音放送」があった8月15日から一夜明けてのことだったと思います。疎開先の山形県米沢市の祖母の家で、軍人の妻であった母は私を畳の上に正座させると、私の膝を動かないように自分の腰紐でしっかりと結びつけ、その前に父の形見の短刀を置いて、アメリカ兵がやってきて辱めを受けるようなことがあったらこれで死になさいと、自害の仕方を教えてくれました。

z