昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

これは大人としての最低限の身だしなみ…銀座ママが必ずチェックする「出世する人の臭い」

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 働き方, ライフスタイル, ヘルス

仕事がデキる人にはどんな特徴があるのか。銀座の高級クラブ「クラブ由美」のオーナー・伊藤由美さんは「それは『臭くない人』だ。服装や持ち物、髪型には注意を払っているのに、自分の臭いに無頓着な人がいる。そうした人は自己管理が甘く、出世も遠のいてしまう」という――。(第1回/全2回)

※本稿は、伊藤由美『スイスイ出世する人、デキるのに不遇な人 銀座のママが教える「リーダーになる人」28の共通点』(ワニブックスPLUS新書)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/sunabesyou ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/sunabesyou

身だしなみ以上に出世を左右している「臭い」

リーダーになれる人の共通点として「臭くない人」という特徴があります。出世に臭いが関係あるのか――そう驚かれた方もいらっしゃるでしょう。これが大アリなんです。といっても出世する人、しない人が嗅ぎ分けられるわけではありません。「臭いに対する意識」から、その人の本質がうかがえるということなのです。

ビジネスマンのマナーとして常に取り沙汰されるのが「身だしなみ」。清潔感のある身だしなみに気が遣える人は、社内外、オンタイムオフタイム、性別世代などを問わず、周囲からの印象もいいものです。ところが目に見えないものだからでしょうか、服装や持ち物、髪型には注意を払っているのに、臭いには無頓着になるか、つい見逃してしまいがちです。

汗の臭いに足の臭い、口臭や二日酔いによるお酒の臭い、腋臭症(ワキガ)などの疾患による体臭や寄る年波の加齢臭。こうした自分が出している臭いに、自分で気がつかない人は少なくありません。「こればかりは体質だからどうしようもない」「ワキガは病気なのだから仕方ない」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし問題なのは、自分が臭いかどうかではなく、「臭わない努力をしているか」にあります。それはすなわち、「他人に不快感を与えていないか」という気配りができるか、そのために何をしているかです。具体的には、

●ちゃんとお風呂に入る
●汗をかいたらすぐに拭いたり、制汗スプレーを常備しておく
●臭いの強いものを食べたら歯を磨く
●口臭予防のタブレットなどを常備する
●ムレないように通気性のいい靴や靴下を選ぶ

z