昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「母から金の無心は嫌というほど味わった」伯父が告白150分 狙撃犯・山上徹也と統一教会

「あの子の母親は統一教会の催しで韓国に入り浸ってなかなか帰って来ない。あの子は宗教にハマる母のことでずっと思い悩み、長いこと苦しめられてきたんですわ」

 こう告白するのは、安倍晋三元首相(享年67)を銃撃した殺人未遂容疑で7月8日に逮捕された山上徹也容疑者(41)の父方の伯父である。今回、事件の背景をきちんと報じてほしいと、合計150分に及ぶ「週刊文春」の単独インタビューに応じた。

山上徹也容疑者

統一教会のことになると、目の色が変わってしまう

 山上の父は38年前に亡くなっているが、伯父はこの父の実兄にあたる。伯父の証言によれば、山上の母は、信仰する統一教会(当時、2015年より世界平和統一家庭連合に改称)にお金を次々に献金し、親族らにも金の無心を繰り返したという。