昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 歴史, 芸能

小林一三は、箕面開発の余勢を駆りながら、家族向けの誘客策を徹底することで宝塚の観光地化を進めていくことになる。古くから宝塚は、温泉地として知られてはいたが、鉄道の乗客を呼び込むためには新たな観光資避暑源が必要だった。

そこで彼は1911(明治44)年5月、宝塚新温泉(後の宝塚ファミリーランド)を新設、翌年には洋館の娯楽場「パラダイス」を開業した。宝塚新温泉は、湯治客や温泉芸者が集まる旧来の温泉街とは異なり、瀟洒な建物、大理石の浴場、婦人化粧室、運動場、珍しい機械を導入したアミューズメント施設などを売りにしていた。

ファミリー向けの誘客策を徹底することで、宝塚は、親子連れの人気観光地として急成長し、沿線開発の資本が宝塚に集中していった。そして、次なる一手として小林が企画したのが、パラダイス劇場を利用した宝塚新温泉での「余興」だった。

1期生は小学校を出たばかりの少女16人

宝塚新温泉では、1913(大正2)年7月、温泉客のための「余興」として少女に唱歌や「歌劇」を披露させることが計画された。これにより小学校を出たばかりの少女など16名が第1期生として採用され、「宝塚唱歌隊」なる団体が発足した。

この唱歌隊は東京音楽学校を卒業した安藤弘・智恵子夫妻、高木和夫が歌とピアノの指導にあたり、同年11月にはお伽話を芝居に仕組んで演出した「お伽芝居」の創作・普及に尽力していた高尾楓蔭(たかおふういん)と久松一聲(ひさまついっせい)が、演劇・振付の指導者として追加招聘された。「歌劇」という未知なる西洋文化は、まずは既知の学校唱歌やお伽芝居という表現方法を経由して事業化されていったのである。現在の宝塚歌劇団の姿とは大きく異なっていることが想像できるだろう。

わらべうたや三味線音楽を西洋風にアレンジ

宝塚唱歌隊は1913(大正2)年12月、宝塚少女歌劇養成会と改称され、その第1回記念公演が開かれたのは、1914(大正3)年4月のことだった。このときの演目には、北村季晴作曲《ドンブラコ》と、本居長世作曲《歌遊びうかれ達磨》が選ばれた。いずれも1912(明治45)年に東京で初演されていたもので、日本のわらべうたや三味線音楽を西洋音楽の和声に調和させるなど、和洋折衷の歌劇を目指して試作された演目だった。

z