昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 歴史, 芸能

創設当初の宝塚少女歌劇には、まだ自前の歌劇を創作する準備が整っていなかった。そのため、すでに発表されていた本居長世らの演目を借用し、初舞台を迎えたのだという。

明治末期から昭和初期にかけて、こうした歌劇は「お伽歌劇」と呼ばれ、レコードや百貨店など各所で人気を博していた。このようにして宝塚ではお伽芝居をオペラ風に演じるという基本路線が定まり、「宝塚少女歌劇団と改名して旗上げ」することが決まったのだった。

“和洋折衷スタイル“はこの頃から確立されていた

初公演で《ドンブラコ》などの既成曲がひとまず上演された後、宝塚では舌切雀、中将姫、猿蟹合戦、花咲爺、瘤取物語、文福茶釜などのお伽話や歴史物語を素材にしたお伽歌劇が創作されていった。これらのお伽歌劇は、西洋音楽をベースとし、歌舞伎のような旧劇の長所を改良しながら融合させたもので、西洋直輸入のグランド・オペラとは異なる、和洋折衷的な性格が強調されていた。

小さな湯の町に花開いた宝塚少女歌劇は、大いに評判を集めた。その事業を拡大していくために、劇団はまず、三好和氣、原田潤、楳茂都陸平(うめもとりくへい)、坪内士行、岸田辰彌といった気鋭の芸術家を入団させていった。

次に、1919(大正8)年には宝塚音楽歌劇学校を創立し、文部省の認可を得て学校という枠組みを事業に組み込んでいった。学校という制度とイメージをモデルにした小林一三の事業は、箕面有馬電軌所有の豊中運動場から始まり、後に「国民的」なメディア・イベントとなる甲子園野球にも取り入れられていくことになる。

劇団はさらに、1921(大正10)年には専属オーケストラを設置、1924(大正13)年には4000人収容の大劇場を完成させた。NHK交響楽団のようなプロのオーケストラが日本で成立するのは1920年代半ばのことであるから、宝塚がいかに先駆けていたかがわかるだろう。1910〜1920年代の日本社会において、西洋音楽の創作・発表の場はごくわずかしかなかったので、定期的な公演機会のある宝塚少女歌劇は、若き俊英にとってもきわめて魅力的な職場だった。

z