昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 歴史, 芸能

思いつきの余興団体が“国民的スター集団”に

以上のような「宝塚情緒」とスタッフ・施設を可能にしたのは、郊外のニュータウン開発事業という物理的・技術的基盤である。

当時の観衆のひとりが、「僕は歌劇は宝塚みたいな田舎に芽生したればこそ今日の発達をなし得たのだと思ひます 宝塚にあつたればこそ!」との所感を記したように、宝塚少女歌劇は、大阪のような大都市ではなく、新たに「田舎に芽生した」ものだった(金子生「高声低声」『歌劇』1918年11月)。

小林一三は、郊外という適地を得ることで近世以来の興行慣行や温泉街の花柳界の慣習などに束縛されず、更地のうえにゼロから巨大な娯楽空間を築き上げることができたのである。

小林一三の少女歌劇は、当初、「イーヂーゴーイングから出発した」気楽な思い付きに過ぎなかった。だが、この計画は、お伽歌劇という独自の形態を生み出すことで、予想を超えた商業的な成功を収め、各地へと拡散することになった。すなわち、日本社会は、オペラという外来音楽を〈子どものパフォーマンス〉として消化していったのであり、そうした変容に具体的な輪郭を与えたのが、都市空間を再編する鉄道というコミュニケーション(交通)のテクノロジーと資本だったのである。

「未成品」であることを何より重視した理由

小林一三は、正統なオペラの代替品として、不本意ながらお伽歌劇を上演していたというわけではなかった。むしろ彼は、家庭向けの事業計画を徹底するために、お伽歌劇を積極的に上演すべきだと考えていた。

作曲家の安藤弘などは、お伽歌劇のごとき「女子供のアマチュアの遊戯」ではなく、芸術的にもっと高度な「男女本格歌劇」の制作を要望していたが、小林は「芸術家として燃ゆるがごとき信念も、(中略)結局空論に終らざるを得なかった」と、芸術家としての理想よりも、営利企業の経営者としての判断を優先した(小林一三『逸翁自叙伝』講談社学術文庫、200頁〜201頁)。

z