昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「甲子園より選手としての将来」を選んだ佐々木朗希…「伝統」に潰された球児たち 高まりつつある投手のリスク

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ, ヘルス

今年4月10日、ロッテの佐々木朗希投手がプロ野球史上16人目となる完全試合を達成した。スポーツライターの広尾晃さんは「これまでプロで成功するには、甲子園の出場が王道とされてきた。だが、佐々木は甲子園より選手としての将来を選び、偉業を達成した。これは日本野球における大きな転換点といえる」という――。

「日本野球の大きな転換点になった」

4月10日、20歳のロッテ、佐々木朗希がオリックス戦で完全試合を達成した。しかもNPBタイ記録となる19奪三振、13連続奪三振という空前の大記録だ。このとき一部の野球指導者や研究者たちは「日本野球の大きな転換点になった」という感慨を漏らした。

試合前に、完全試合達成などを表彰されたロッテの佐々木朗希投手=2022年4月30日、千葉・ZOZOマリンスタジアム(写真=時事通信フォト)

佐々木朗希は2019年、岩手県立大船渡高校3年生の春に、高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦で高校生最速の163km/hを記録。このニュースはNHKの全国放送でも流され一躍注目されることとなった。

佐々木朗希はこの夏の甲子園の「目玉」の一つとなった。選手権岩手大会、佐々木は、7月21日の4回戦で延長12回、194球を投げた。翌22日の準々決勝は2番手投手が投げて勝ったが、24日の準決勝では佐々木が先発し129球で完封した。

そして翌25日の決勝戦は大谷翔平などを輩出した私学の花巻東との対戦になったが、大船渡の國保(こくぼ)陽平監督は佐々木の登板を回避、大船渡は2対12で花巻東に大敗し、1984年以来35年ぶりの夏の甲子園出場はならなかった。

「なぜ連投させないのか」という批判の声

國保監督は大会前、佐々木郎希の詳細なメディカルチェックを行った。佐々木を診たスポーツドクターによれば、佐々木は骨の成長を示す「骨端(こつたん)線」がまだ残っていて骨格が成長途上だった。この状態で過度の投球をすれば、骨が変形したり靱帯(じんたい)などの損傷に結び付きかねない。

ドクターは「すごい素材だけに慎重に育成すべき」というアドバイスをした。たまたま筆者はその現場に居合わせたが、診察室から出てきた佐々木は長身のわりにかなり華奢な印象を受けた。

z