昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人事院 総裁 川本 裕子氏、双日 橋本 政和氏、プロノイア・グループ ピョートル・フェリクス・グジバチ氏登壇

「ジョブ型雇用時代」の採用・人材育成・組織マネジメント

PR

◇開催趣旨

 2020年に経団連が発表した「経営労働政策特別委員会報告」において「ジョブ型雇用」の比率を高めていくことが目標として掲げられたことを契機に、日本企業においても「ジョブ型雇用」への注目が高まりを見せています。また、新型コロナウイルスの流行により、リモートワークの採用など多様な働き方が求められる中、組織改革、人材育成のあり方を見直す必要性も高まっています。

 欧米各国の企業が採用する「ジョブ型雇用」とは、特定の職務を遂行できる人を採用する雇用のこと意味し、年齢や学歴にとらわれることなく「スキル」を重視し、仕事に人を合わせていくといった、人材配置、人材採用のあり方を指します。

 これまで多くの日本企業では、働きながら適性を見極め、長期的な視点で育成していくことを前提に、新卒一括採用による「メンバーシップ型雇用」を採用してきました。しかしながら、専門人材の不足、高まる人材流動性、働き方に対する価値観の多様化に伴い「報酬制度」「教育制度」「採用制度」「労働契約」「ジョブディスクリプション」など改定を模索する企業も増えてきています。

 こうした変化に対し、企業側の視点、従業員側の視点から、「ジョブ型雇用」のメリット、デメリット、「メンバーシップ型雇用」のメリット、デメリットを吟味し、それぞれの企業の文化や風土に合った制度を気づいていくことが必要なのではないでしょうか。

 本カンファレンスでは、「ジョブ型雇用時代」の人材採用・育成、組織マネジメントに焦点を当て、専門人材の採用、育成、帰属意識の醸成、マネジメント教育、組織としてのパフォーマンスの向上など、これまでとは違った角度から仕組みを作るうえでの課題や留意点、対応することで得られる企業成長の可能性について、多様な視点から考察をします。

≪開催概要≫

日 時 8月23日(火) 13:00~16:40
会 場 オンラインLIVE配信
対 象 経営者、経営幹部、経営企画部門、人事部門、組織開発部門など
定 員 500名
参加費 無料(事前登録制)
主 催 文藝春秋
協 賛 株式会社PR Table、ミイダス株式会社、

    株式会社リブ・コンサルティング

申し込み

【プログラム】

13:00~13:30 基調講演
「21世紀型人材活用のヒント」
~ 人を大切にする組織、人を育てる組織となるために ~

人事院
総裁
川本 裕子氏

東京都出身。東京大学文学部社会心理学科卒業。英オックスフォード大学修士(開発経済学)修了。昭和57 年東京銀行(現三菱 UFJ 銀行)入行、63年マッキンゼー東京支社入社、平成13年同シニアエクスパート、16年早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授、 28年同経営管理研究科(ビジネススクール)教授、令和2年早稲田大学ガバナンス サステナビリティ研究所所長、3年6月より現職。現職に就く前には、国家公安委員会委員等、公職多数。


13:30~14:00 テーマ講演①
ジョブの可視化と発信が鍵!
ジョブ型雇用時代の「採用ブランディング」

株式会社PR Table
PR室マネージャー / Evangelist
久保  圭太氏

PRSJ認定PRプランナー。IT系ベンチャー企業にて営業/人事戦略/広報の責任者を経て、2018年よりPR Tableへ。 カンファレンスやオウンドメディアの企画・運営を行うPR Table Communityを統括。またPRコンサルタントとして100社以上の企業ブランディングやコンテンツ企画・活用支援に従事。 2021年よりPR室を立ち上げてマネージャーに就任。エバンジェリストとしてイベント登壇、ラジオパーソナリティ、記事寄稿など多方面で活動中。


14:00~14:10 休憩


14:10~14:50 特別講演① 
「双日が考えるジョブ型雇用のカタチ」
~ 多様性を“活かす”、挑戦を“促す”、成長を“実感できる”組織を目指して ~

双日株式会社
常務執行役員 人事、総務・IT 業務担当本部長
橋本 政和氏

1990年日商岩井(株)入社。愛知県出身。入社後は物流部隊に配属、以降、ロシアCIS関連事業、5年半の米国デトロイト駐在を含め自動車関連事業を担当。2011年にインフラ事業へ転身、鉄道、再生可能エネルギー、ガス事業、社会インフラ、ヘルスケア事業の開発に取り組んだ。執行役員 環境・産業インフラ本部長、執行役員 エネルギー・社会インフラ本部長、常務執行役員 インフラ・ヘルスケア本部長を経て、2022年4月より現職。


14:50~15:20 テーマ講演②
「ジョブ型雇用における活躍人材の見分け方」
~データに基づいた科学的手法と採用や育成への活用の仕方~

ミイダス株式会社
執行役員/CMO
越智 道夫 氏

大学卒業後、日本の化粧品メーカーに新卒で入社するもグローバルな経験を求め退社。
その後日本とオーストラリアのロレアルで合計13年間マーケティングに従事した後、ユニリーバでは LUX のシニアブランドマネージャー、そして資生堂ではグローバルHQのブランドマネージャーを歴任。約20年の化粧品業界におけるマーケティングやブランドマネジメント経験の後、レノボ・ジャパン合同会社にて、コンシューマー マーケティング本部長としてLenovoとNECの2つのブランドのマーケティングを統括。
ブランドマネージメントやマーケティングにおいて「企業組織を動かす」必要性を感じ、現在は、HR テック企業のミイダス株式会社にて、現職に就く。国内外の様々な企業で成功や失敗、挫折を繰り返し培った経験と、最先端の HR テックでのソリューションを組み合わせた「活躍人材の採用」や、「成長する組織つくり」、「チームビルディング」などを組み合わせたセミナーを開催。
その他、マーケティングやブランディングの講演やコンサルタントとしても活動中。


15:20~15:30 休憩


15:30~16:00 テーマ講演③
「ジョブ型人事制度導入の実際」
~ケースで学ぶ ジョブ型人事制度のタイプ別導入方法と、落とし穴回避術~

株式会社リブ・コンサルティング
チーフコンサルタント
新井 杏里氏

京都大学経済学部卒業後、国内の大手コンサルティング会社を経て2012年に株式会社リブ・コンサルティングに入社。様々な業界に対する人事制度構築、教育研修制度構築、組織風土改革、女性活躍推進、営業力強化など、幅広いテーマでのコンサルティング実績を持つ。特に人事評価制度の構築・導入においては数千名の大企業から数十名規模のベンチャー企業までのコンサルティング経験をもとに、各企業の事業と組織の成長を牽引する人事制度を柔軟に提案する。また、クライアント向けコンサルティング業務と並行し自社内の人事評価制度の改定と運用も担当しており、運用サイドの目線も取り入れた仕組みづくりの支援を行う。


16:00~16:40 特別講演②
「ジョブ型雇用の本質とは」
~ 当事者意識、自発的行動を引き出す、少数精鋭チームの創り方 ~

プロノイア・グループ株式会社
代表取締役
ピョートル・フェリクス・グジバチ氏

連続起業家、投資家、経営コンサルタント、執筆者。モルガン・スタンレーを経て、Googleで人材開発、組織改革、リーダーシップ開発に従事。2015年に独立し、未来創造企業のプロノイア・グループを設立。2016年にHRテクノロジー企業モティファイを共同創立し、2020年にエグジット。2019年に起業家教育事業のTimeLeapを共同創立。 2022年からGA technologies社外取締役に就任。
ベストセラー『NEW ELITE』他、『パラダイムシフト 新しい世界をつくる本質的な問いを議論しよう』『PLAY WORK』など著書多数。新著に『世界最高のコーチ』。ポーランド出身。

z