昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

普通の人は知らないが、薬物乱用者なら絶対に知っている…麻薬捜査官が危険視する"あるアプリ"

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

なぜ薬物犯罪はなくならないのか。元厚生労働省麻薬取締部部長の瀬戸晴海さんは「要因の一つにSNSを利用したネット密売の横行がある。特にテレグラムというアプリは、交信記録を簡単に消せるなどの秘匿性の高さから、違法薬物売買の温床となっている」という――。

※本稿は、瀬戸晴海『スマホで薬物を買う子どもたち』(新潮新書)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/bombuscreative ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/bombuscreative

ロシア出身の技術者が開発した無料のメッセージアプリ

ツイッターで販売広告を見た、薬物に関心のある若者たちは、密売人と連絡をとるために無料の秘匿アプリ「テレグラム」をダウンロードします。

このアプリに密売人のIDを入れれば一瞬で密売人とのホットラインが繋がります。そして、ブツを注文するとともに、取引方法などを決めるわけです。写真1はテレグラムのチャット画面です。ブツの売買交渉の中身がよく分かると思います。

テレグラムは、ロシア出身の技術者が開発した無料のメッセージアプリ(コミュニケーションツール)で、LINEなどと比べてセキュリティが極めて強固です。

現在はアラブ首長国連邦(UAE)にある団体が運営しているそうですが、チャット機能やダイレクトメッセージだけではなく、ファイル交換や音声通話機能も充実しているため、世界で数億人のユーザーがいるとされます。

セキュリティが強固ということは、通信の秘密が確保されていることに他なりません。その上、高機能で無料となればメッセージアプリとして申し分がない。密売人はこの性能の高さを悪用して、取引に用いているわけです。

交信記録は運営側も捜査機関も確認できない

テレグラムの代表的な機能に「シークレットチャット」があります。この機能を選択すると、送信元のメッセージを暗号化し、受信先でしか復元できないように加工する「暗号化通信」に切り替わってしまう。これを「E2EE(エンドツーエンド暗号化)」と呼び、こうなると運営側ですら通信内容を閲覧することができません。

z