昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「そんなにヤバいところじゃないと伝えたい」月100万使うホス狂い40代女性経営者の望みは“少女マンガみたいな恋”

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 娯楽, 社会

ホストクラブで大金を使う女性たちは自分のことを「ホス狂い」と呼ぶ。彼女たちは何を求めて夜の街に通うのか。ノンフィクションライターの宇都宮直子さんの著書『ホス狂い 歌舞伎町ネバーランドで女たちは今日も踊る』(小学館新書)より、40代の会社経営者「いちごチェリーさん」のエピソードを紹介する――。(第1回)

写真=iStock.com/ParfonovaIuliia ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ParfonovaIuliia

取材相手は「昭和生まれの人妻おねえさん」

2021年5月中旬。いちごチェリーさんに取材のアポをとりつけた私は、彼女が指定するバーへと向かった。「ホス狂い」を自称するいちごチェリーさんのプロフィールには〈昭和生まれの人妻おねえさん。担当と推しがいてくれるだけでしあわせ〉と書かれている。

一日数件、投稿されている内容も〈今日歌舞伎町いっちゃうもんね♪〉や〈本当にちょっとした事なんだけど、でも特別扱いされることって姫の特権だよね。〉など、〈被りは殺す〉〈ホストのいう辛いよりお金をつくるホス狂いの女のコのほうがよほど辛いわ(涙)(涙)(涙)(刃物)(刃物)(刃物)〉などという、他の“ホス狂い”たちの書き込みと比べるといたって穏やかなものだ。

待ち合わせは午後2時。昼なお暗い雑居ビルのバーで出会ったいちごチェリーさんは、40代前半。ふくよかな彼女によく似合う、深いブルーのロングカーディガンに、ゆったりとしたチュニックをあわせている。ゆるくウェーブのかかった黒髪をハーフアップにまとめており、化粧もナチュラルメイク。「ホス狂い」という言葉のイメージとはかけ離れている、物柔らかな雰囲気の上品な女性だ。

「そんなにヤバいところじゃない」と伝えたい

大抵の「ホス狂い」の女性は取材を断るのに、どうして応じてくれたのかと聞くと、「歌舞伎町のホストクラブというと、すごくお金がかかるとか騙されるとか、みんな怖いイメージを持っていると思うんですけど、そうじゃないよ、今は、ちゃんとしているところのほうが多いし、そんなにヤバいところじゃないということを伝えたくて……」

z