昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「芸能界の裏側を暴露する」NHK党、ガーシーこと東谷義和氏が臨時国会を欠席 アラブ首長国連邦から帰国せず

source : 提携メディア

genre : ニュース, 政治

参院本会議で欠席したNHK党のガーシー(東谷義和)氏の氏名標=3日午前、国会内

 7月の参院選で初当選したNHK党のガーシー(東谷義和)氏が「不当逮捕の可能性がある」と主張し、滞在先とされるアラブ首長国連邦(UAE)から帰国せず3日召集の臨時国会を欠席した。国会議員には登院義務があり、識者からは同氏の対応を疑問視する声も上がっている。

 東京工業大の西田亮介准教授(社会学)は「合理的な理由なく欠席を続けるなら、それなりの処分が議会で下される可能性がある」と予想する。

NHK党の参院選の開票記者会見で、オンラインで登場したガーシー(東谷義和)氏=7月10日夜、東京都港区

 国会法上、最も重い懲罰は除名だが、「選挙で信託を得た議員の身分は重く、1回の欠席で除名になるとは考えにくい」という。その上で「(ガーシー氏の主張は)合理的な理由と言い難い。このまま海外にいることは認められないのではないか」と語った。同氏は「芸能界の裏側を暴露する」と訴えて人気を集めただけに、「除名されても、それを武器に活動していくのでは」とみる。

 比例代表で28万票余りを集めたガーシー氏について、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子さんは「『国会議員の闇を暴いてほしい』という思いで投票した支持者もいる。登院しなければ期待外れになる」と話す。

 ガーシー氏のツイッターアカウントが凍結されたり、ユーチューブの投稿動画が削除されたりした点に触れ、「発表の場がなくなってきているが、帰国すれば国会で言いたいことが言える」と強調。逮捕の可能性は「本当かどうか分からない」としながらも、「勇気を持って登院すべきだ」と語った。

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z