昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

いかにもモテそうなのに…「学歴も職業も気にしない」と語る30代女性がまったく結婚できない"本当の理由"

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, ライフスタイル

結婚相手が見つからない人にはどのような特徴があるか。結婚カウンセラーの大屋優子さんは「私が相談に乗った30代の女性は見た目からは『これならすぐに決まる』と思ったが、なんでも人のせいにする『他責思考』が強かったため一向に婚活が進まなかった」という――。(第1回)

※本稿は、大屋優子、現代洋子『余計なお世話いたします 半年以内に結婚できる20のルール』(集英社)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/Yue_ ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Yue_

毎回同じ理由で婚活うつに陥る30代の女性

32歳、専門学校卒、歯科助手。2年前から婚活中の彼女は、毎回同じ理由で、婚活うつに陥る。しかもかなりの頻度でである。

男受けするであろうルックスに、小柄ながらもスリムで、洋服や持ち物の趣味も良い。笑うと小さなエクボができて、チャーミング。こんな女性には、男性はイチコロだろうなと容易に想像できる。入会面談に訪れた彼女と話した時の印象はすこぶる良く、これならすぐに決まるだろうと思っていた。

彼女に婚活デメリットがあるとすれば、仕事の休みが平日であるということだ。勤務先は千葉県市川市にある人気歯科医院で、20時過ぎまで診察を受け付けている。彼女は、そこの正社員の歯科助手。土日はかき入れどきらしく、当然休むことは許されない。週末でも、仕事終わりが21時くらいになってしまう。

結婚相談所の婚活は、ほとんどの場合、お見合いが組まれるのは土日になる。理由は明確で、ほとんどの会員のお休みが、週末の土日や祝日だからである。休みが土日祝でないサービス業の会員の婚活は、お見合いの設定のハードルが非常に高いばかりか、お見合い後、仮交際となっても、休みが合わないとデートが難しい。仕事の終わり時間からのデートとなると、時間が遅い場合には、行き先も限られてしまう。

お見合いは、あくまでも顔合わせの場。その場で、雷に打たれたような運命を感じて、一気にゴールインすることなど、ほぼないと言ってよい。だから、会員には入会時に「休みは自分の予定より、婚活を優先すること」と話すことにしている。お見合いして、デートを重ねる時間が必要だからだ。彼女とも、「本気で婚活するなら、休みが土日のところのほうが有利ですよ」「そうですよね~! 私も転職するつもりなんです」と話し合った。プロフィール写真は、見た目通りに可愛く撮影できたし、相手男性への条件もさほどハードルは高くない。

z