昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

胃袋からは人間の髪の毛や耳が…4人死亡、4人重軽傷「本州最悪の殺人熊」はなぜ人を襲ったのか

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

4人死亡、4人重軽傷となった本州最悪の獣害事件「十和利山熊襲撃事件」には、多数の熊が関与していた。NPO法人日本ツキノワグマ研究所理事長の米田一彦さんは「人を殺した熊を特定できないまま、被害が拡大してしまった。自治体の対応を含めて、反省すべき点が多い」という――。

※本稿は、米田一彦『人狩り熊』(つり人社)の一部を再編集したものです。

筆者提供

「十和利山熊襲撃事件」の概要

2016(平成28年)5月下旬から6月にかけて、秋田県鹿角市十和田大湯の十和利山山麓で発生したツキノワグマによる獣害事件。タケノコや山菜採りで入山した4人が死亡、4人が重軽傷を負った。

記録に残るものでは本州史上最悪、日本史上でも3番目の被害を出した獣害事件と言われる。人を襲った熊、食害した熊が複数存在する非常に稀な事例である。

・5月21日 第1犠牲者
鹿角市十和田大湯字熊取平(くまとりたい)の竹藪でタケノコを採集していた男性(79)が前日行方不明となり、この日の朝、遺体で発見される。遺体は食害されていた。

・5月22日 第2犠牲者
朝、第1犠牲者発見現場から北西500mの地点でタケノコ採りをしていた夫婦が熊に襲われる。妻(77)は逃げて無事だったが、夫(78)は午後、遺体で発見される。遺体は咬み傷等で激しく損傷していた。

・5月30日 第3犠牲者
タケノコを採りに田代平(たしろたい)を訪れ25日から行方不明になっていた男性(65)が、この日の朝、遺体で発見される。遺体は複数の熊に食害されていたと推測される。

・6月10日 第4犠牲者
6月7日から行方不明になっていた女性(74)が、朝、遺体で発見される。遺体は広範囲にわたって食害されていたと推測される。同日午後、付近にいた熊が1頭射殺される。

「未曾有の獣害事件」防ぐことはできたのか

私は多くの熊問題に係わってきて、いくらかは「見通せる」という自負はあった。

3人目の犠牲者が出ることも強く予想し、もし私が指揮官だったら阻止できたと思っているが、現場にいながら4人目の犠牲を阻止できなかったことで、熊追い人生を殴り倒されたような思いがした。

z