昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

平田 オリザさん、岡本 純子さん、佐久間 宣行さん登場「最強のコミュニケーション」

「伝わらない」「分かりあえない」葛藤 ‐ 対話と対話の総和が創り出す、成長シナリオ

PR

社会の中で生きていくため、ビジネスを推進していくために最も重要な能力の一つとして「コミュニケーション能力」は不可欠です。ビジネスに限定していえば、コミュニケーションが取れないと仕事になりません。 コミュニケーションは「信頼関係の構築」「円滑な業務運営」「組織風土の醸成」などの基本であり、コロナ禍によりフィジカルでのコミュニケーションが制限される中、「メンバーの状況把握が難しい」「横の連携が希薄になった」「雑談が減ったことにより職場が静かになった」など課題も浮き彫りになり、その重要性は増しています。

そこで本カンファレンスでは、「最強のコミュニケーション~対話と対話の総和が創り出す成長シナリオ」~をテーマに、ビジネス環境の変化、デジタルツールの進化により複雑化、多様化するコミュニケーションのあり方を考察し、恐れず意見を言い合える「心理的安全性」、対話と対話を繰り返すことで生まれる「腹落ち感」、非対面コミュニケーションの高度化、個のパフォーマンスを最大化する組織運営とリーダシップ、ステークホルダーとの適切なコミュニケーションの取り方などについて、最前線でご活躍をされているイノベーターの皆様の講演を通じ検証します。

≪開催概要≫

日 時  2022年9月27日(火) 13:00~17:00
会 場  オンラインLIVE配信
参加対象 経営者、経営幹部、経営企画、経営管理、人事、組織開発、

     営業部門、マーケティング部門、顧客サポート部門など
定 員  800名
参加費  無料(事前登録制)
参加特典 2週間のアーカイブ視聴をいただけます
主 催  文藝春秋
協 賛  Dialpad Japan株式会社、株式会社ヤプリ、Dropbox Japan株式会社

申し込み

≪プログラム≫

13:00~13:50 基調講演
「伝わらない 、分かりあえないことを理解することから始めよう」 
~ リーダーに求められる言語化力と伝える力 ~

©T.Aoki
©T.Aoki

劇作家・演出家・芸術文化観光専門職大学学長
平田 オリザ氏

劇作家・演出家。芸術文化観光専門職大学学長。劇団「青年団」主宰。江原河畔劇場・こまばアゴラ劇場芸術総監督。1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞、2019年『日本文学盛衰史』で第22回鶴屋南北戯曲賞を受賞。2011年フランス文化通信省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。演劇の手法を用いた多様性理解・コミュニケーション教育にも取り組み、各地の自治体・NPOとも連携してワークショップを実施している。2019年より豊岡市日高町に移住し、劇団の新拠点となる江原河畔劇場を設立。豊岡市芸術文化参与、豊岡演劇祭フェスティバル・ディレクターもつとめる。
著書に『ともに生きるための演劇』(NHK出版)、『わかりあえないことから〜コミュニケーション能力とは何か』『下り坂をそろそろと下る』『22世紀をみる君たちへ』(ともに講談社新書)など。


13:50~14:20 テーマ講演(1)
「バーチャルファースト企業」を目指す Dropbox が実践する
同期・非同期のコミュニケーション方法

Dropbox Japan株式会社
パートナー営業本部 ディストリビューション営業本部
エグゼクティブパートナーマネージャー
福地 高志氏

商社系ディストリビューターに13年勤務後、2019年にDropbox Japan株式会社に入社。パートナー営業本部にてパートナープログラムの国内導入やパートナービジネスの立ち上げを支援。神奈川県の湘南エリアにて、趣味のSUPフィッシングを楽しみながらリモートワークを実践中。


14:20~14:30 休憩


14:30~15:10 特別講演
「世界最高のコミュニケーション」
伝わる、つながる!人が動く話し方、聞き方のルール

コミュニケーション戦略研究家・コミュ力伝道師
株式会社グローコム 代表取締役社長
岡本 純子氏

早稲田大学政経学部卒業。英ケンブリッジ大学国際関係学修士。米MIT比較メディア学元客員研究員。日本を代表する大企業や外資系のリーダー、官僚・政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチ等のプライベートコーチング」に携わる。その「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれる。2022年、次世代リーダーのコミュ力養成を目的とした「世界最高の話し方の学校」を開校。その飛躍的な効果が話題を呼び、早くも「行列のできる学校」となっている。著書に 『世界最高の話し方』『世界最高の雑談力』(いずれも東洋経済新報社)など多数。


15:10~15:40 テーマ講演(2)
発信しても見てもらえなきゃ意味がない!」
自社公式スマホアプリで社内の情報均一化を図る実例を一挙紹介

株式会社ヤプリ
マーケティング本部
神田 静麻氏

新卒で不動産業での新規営業、IT企業で営業、カスタマーサクセスを行い、2016年に創業期のヤプリへインサイドセールス部の立上げで参画。EC、小売、メーカーを中心に幅広く自社アプリの提案を進め、累計2000以上の商談を創出。同部のマネジメントを経て、2021年に現職に。


15:40~15:50 休憩


15:50~16:20 テーマ講演(3)
「ツール1つでここまで変わるビジネスコミュニケーション」
"電話、ビデオ = ブラックボックス・残らない" 問題を解決し資産に変える方法

Dialpad Japan 株式会社
代表取締役社長
安達 天資氏

2007年、ソフトバンクに入社。後半の5年間はGoogleとのアライアンスをはじめ、グローバルでのクラウドビジネスに携わる。2016年2月、Dialpad, Inc. に入社。同年5月、Dialpad Japan 株式会社を設立し、代表取締役に就任。APACリージョン全体のビジネスを統括。


16:20~17:00 特別対談
「会社で潰れないコミュ二ケーション術」
~苦手な仕事も相手も”ずるく”乗り切る仕事術~

テレビプロデューサー
佐久間 宣行氏

1975年11月23日、福島県いわき市生まれ。テレビプロデューサー、演出家、作家、
ラジオパーソナリティ。「ゴッドタン」「あちこちオードリー」「ピラメキーノ」「ウレロ☆シリーズ」「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」「キングちゃん」などを手がける。元テレビ東京社員。2019年4月からラジオ「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを担当。YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」も人気。
近著に『佐久間宣行のずるい仕事術』(ダイヤモンド社)。

〇聞き手
『週刊文春』電子版コンテンツディレクター
村井 弦

z